【iMovie(アイムービー)】字幕・テロップの入れ方|YouTube動画のように

iMovie

 

【iMovie(アイムービー)】字幕・テロップの入れ方

本記事ではムービーに字幕を入れる方法を解説します。

動画に字幕のテロップがあると

情報が伝わりやすくなりますし

より強い印象を相手に残すことができますよね!

無料ソフトであるiMovieで

どのようにすれば字幕テロップを

入れることができるでしょうか?

iMovie(アイムービー)テロップの入れ方|タイトルエフェクト

まずはiMovieに用意されている

タイトルエフェクトを使った字幕の入れ方

紹介します。

まずはタイトルエフェクトは作業ページの左上部にある

「タイトル」の文字をクリックしましょう。

「タイトル」のほかにも

「オーディオ」「背景」「トランジション」などが並んでいますが

これらの動画効果を「エフェクト」と呼びます。

その中でも、もっとも使用率の高いエフェクトが

このタイトルエフェクトでしょう。

タイトルエフェクトの操作方法

それでは実際に使ってみましょう。

Image from Gyazo

<タイトルエフェクト画面>

 

やり方は簡単です。

まずは「タイトル」ライブラリを開き、使用したい効果を

素材上にドラッグするだけ!

またフォントやサイズ、文字の色などは

右上部のプレビュー画面にて、自由にカスタマイズが可能です。

Image from Gyazo

<タイトルエフェクトの編集画面>

 

タイトルエフェクトのパターン

また「タイトル」ライブラリには

豊富なエフェクトパターンが用意されています。

各エフェクトがどのようなものかは

効果のサムネイルの上に、カーソルを重ねると

右部のプレビュー画面で確認できます。

しかし多くの方が「あれ?」と思うかもしれません。

そう、これは「タイトル」のエフェクトです。

字幕の現れ方や

エフェクトの位置については

かなり自由度が低いものです。

なかなかテレビ番組やYouTube動画のようにはなりません。

iMovieには「字幕」機能は存在しない

iMovieには「字幕」専用のエフェクトがありません。

アップル社のソフトウェアとはいえ

無料ソフトウェアですし…

字幕入れは諦めるしかないでしょうか?

しかし同じくアップル社の無料ソフト

工夫して使うことで

かなり質の高い字幕を入れることが可能なのです。

【iMovie】テロップの入れ方|Keynoteを使う裏ワザ

Keynoteはアップル社の提供するプレゼンテーション用のソフトです。

凝った字体を作ることができるソフトなので…

  • Keynoteでテロップの画像ファイルを作る
  • iMovieに挿入する

というKeynoteを使い字幕テロップを入れる裏ワザ

紹介したいと思います!

Keynoteでテロップを作る3つのポイント

Keynoteで字幕テロップを制作する際に

重要なポイントは三つあります。

  • スライドと動画のサイズを合わせる
  • 背景は「塗りつぶしなし」
  • PNG形式で書き出す

スライドのサイズは「ワイドスクリーン」

iMovieで書き出すことのできる動画サイズは「16:9」です

なのでスライドのサイズも「ワイドスクリーン(16:9)」にした方が

完成形がイメージしやすいと思います。

サイズの変更は「書類」のタブから可能です。

「塗りつぶしなし」を選択

「フォーマットタブ」に移動します。

背景は「塗りつぶしなし」を選択しましょう。

「塗りつぶしなし」を選択すると

背景がブラックアウトします。

PNG形式

PNGという画像形式は、背景を透明のままデータ化することができます。

字幕テロップを作成したら…

(ここでは「テスト:字幕テロップ」としておきます)

上部のメニューの「ファイル」「書き出す」から

「イメージ」を選択します。

Image from Gyazo

<字幕テロップの書き出し画面>

 

ここでファイルのフォーマットをPNG形式に変更しましょう。

以上で完成です。

このようにすればKeynoteで作った字幕テロップを

一つの画像データとして

そのままiMovieで使用することができるようになります!

結論:iMovieは字幕入れが苦手

以上の方法を使うことで

iMovieでも、印象的な字幕テロップを挿入することができました。

しかし、iMovieには字幕の専用機能がないことから

テロップ入れがちょっと苦手だと言えます。

他のソフトを使う選択肢もある

スムーズに字幕編集が可能な編集ソフトは

たくさんあります。

とくに業界大手のadobe社が提供する

有償のコンプリートプランでは

「Premere Pro」などの動画編集ソフトはもちろんのこと

他のadobe社が提供する「photoshop」「illustrator」

などの様々なプロ仕様のソフトも利用できるため

とても便利です。

当ブログでは、Adobe Premere Proの解説も行っていますので

興味のある方はこちらをご覧ください。

とはいえ無料の動画編集ソフトとして

iMovieはとても優秀です。

とくに「Premere Pro」のようなプロ仕様のソフトと違い

直感的に、誰でも操作することができる所が

すばらしいです!

 

無料で、高クオリティの字幕を挿入したいという方は

本記事で紹介したKynoteを使った裏ワザを使って

ぜひともiMovie

印象的な動画作りにチャレンジしてみてください!

 

 

 

 

コメント