【Premiere Pro】書き出し方法を徹底解説!|クリエイター直伝

【Premiere Pro】書き出し方法

Premiere Proにおける書き出しの方法を解説します。

動画が完成したら、

[ファイル]→[書き出し]→[メディア]と進んでください。

Image from Gyazo

 

【メディア】をクリックすると書き出しの設定画面が表示されます。

 

 

<書き出し設定画面>まで表示することができたら、

大きく下記2点の項目に注目して書き出しをしてみましょう。

  • 書き出しファイル形式
  • 書き出し方法

 

【Premiere Pro】ファイル形式を設定

Premiere Pro ではさまざまなファイル形式で動画を書き出すことが可能です。

なかでも主要な2つのファイル形式と設定方法を説明します。

  • MP4
  • MOV

MP4

MP4はさまざまなブラウザやデバイスに

対応している動画形式です。

ファイル形式がMP4であれば最新の機器を使用していれば

ほとんど再生可能です。

Youtube用に動画を書きだす場合は、基本的にMP4の

形式で書き出します。

書き出し設定では形式の項目を「H.264」

設定してください。

MOV

Appleの標準動画形式です。

MOV形式で動画を書き出す場合は、形式の項目を「QuickTime」

に設定してください。

書き出し方法を設定

Premiere  Proにおける書き出し方法は主に2つです。

  • Premiere Pro で動画を書きだす
  • Adobe Media encoder  で動画を書きだす

Premiere Pro で動画を書きだす

Premiere Pro 自体で動画を書き出したい場合は、

<書き出し設定画面>にて、【書き出し】のボタンをクリックします。

クリック後、すぐに書き出しが開始されます。

Adobe Media Encoderで動画を書きだす

PCのスペックにもよりますが、

動画を書き出している最中はPC自体の

処理性能を消費しますので、

他の作業が遅延することがしばしばあります。

Adobe Media Encoderを使って書き出しを行うと、

処理性能の消費を抑えることができるので、書き出し中も

なにか他の作業をしたい方にはおすすめです。

Adobe Media Encoderで動画を書き出すには、

<書き出し設定画面>にて、【キュー】のボタンをクリックします。

その後、Adobe Media Encoder が起動しますので、

【再生ボタン】をクリックすると書き出しが開始します。

 

 

Image from Gyazo

おわりに

いかがでしたか?

書き出し方法もさまざまなメディアや環境によって

使い分けるので、ぜひ、ご自身の目的に合わせて書き出せるように

練習してみましょう。

Filed under: Premiere ProTagged with: , , , , , , ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website