【Premiere Pro】テロップ入門|クリエイター直伝

Premiere Pro

【Premiere Pro】テロップを理解する

テレビやYoutubeでよく見る「テロップ」

動画にとって文字もひとつの重要な要素です。

テロップの役割は、動画の登場人物が話している言葉を書き起こす

ことはもちろん、動画のタイトルや、場面の説明にも使用されます。

 

【重要】テロップ入れは大変です。

テロップを動画に入れるのは、大変です。

動画制作にたずさわる方のなかにも、テロップを入れる作業は外注している、

というケースがしばしばあります。

理由をまとめました。

  • 文字を起こすのに時間がかかる
  • 音楽やシーンに合わせて編集しなければならない

テロップを入れる作業はまず最初になにを文字にするのかを

決めることから始めます。

依頼によっては、スピーチ内容がすでに原稿として

まとまっていることもありますが、大半はそうではありません。

人物が話している内容を一度聞いて打ち込む、聞いて打ち込む、

を毎回くりかえすのです。

さらに、適宜必要があれば、打ち込んだテロップの色や、表示位置を

変えます。

【Premiere Pro】テロップを入れる方法

Premiere Pro でテロップを入れる方法は主に2つあります。

  • 文字ツールで直接打ち込む
  • レガシータイトルを作成する

文字ツールでテロップを入れる

ひとつめの「文字ツールで直接打ち込む」方法は、

ツールバーにある「T(文字ツール)」を選択し、そのまま

プログラムモニター(映像が表示されているパネル)をクリックします。

あとは文字を打つだけで入力できるようになっています。

 

Image from Gyazo

 

レガシータイトルでテロップを入れる

レガシータイトルを作成する手順についても説明します。

【ファイル】【新規】【レガシータイトルを作成】と進んでください。

 

Image from Gyazo

 

【OK】をクリックすると、

あらたにプロパティが展開されるので、さきほどの文字ツールと同様に

「T」を選択し、入力していきます。

 

おわりに

動画制作をおこなうにあたって、テロップの存在は大きいですが、

制作内容によっては時間がかかる作業なので、

根気よく取り組みましょう!

コメント