【Premiere Pro】わかりやすい使い方|入門編

Premiere Pro

この記事では、これから Premiere Pro を使って動画編集をしたい方に向け

ソフトのダウンロード方法から、編集、書き出しまでできるよう

一連の操作をまとめましたので、ぜひご覧ください。

ソフトのダウンロード

まずはソフトをダウンロードしましょう。

Premiere Pro はお試し期間があるので、1週間無料で使用することが

できます。

お試し期間が終了すると、完全版をダウンロードしなければなりません。

詳しくは下記にまとめたので、参考にしてください。

動画の設定をする

ダウンロードができたら、早速編集してみましょう。

Premiere Pro を起動すると、プロジェクト作成画面が表示されます。

 

<プロジェクト作成画面>

 

新規に動画をつくるときは画面左にある「新規プロジェクト」ボタンを

クリックします。

プロジェクト設定画面が開くので、設定をしていきましょう。

 

Image from Gyazo

<新規プロジェクト>

 

まずはプロジェクトの名称を設定し、

OKボタンをクリックします。(他の細かな設定はここでは省略します)

編集画面が開きます。

 

<通常編集画面>

 

動画の編集をする

動画素材を読み込む

編集画面を開くことができたら、動画の素材を

Premiere Proの中に読み込む必要があります。

編集したい動画をそのままプロジェクトパネル(左下のパネル)に

ドラッグアンドドロップするか、

<ファイル><読み込み>と進み動画ファイルを選択します。

動画素材を並べる

動画素材を読み込むことができたら、プロジェクトパネルにある

動画ファイルをシーケンス(プロジェクトパネルの右隣)に移動します。

ドラッグアンドドロップでOKです。

シーケンスに動画ファイルが並んでいることが確認できたら、

今度は素材の長さを調節しましょう。

動画素材をトリミング(長さ調節)する

素材の長さを調節するにはいくつか方法があります。

  • マウスで編集点を調節する
  • レザーツールでカットする

マウスで編集点を調節する場合、クリップの頭か終わりにマウスを当て

左右に移動することで長さを調節できるようになります。

 

Image from Gyazo

<マウスで編集点を調節>

レザーツールを使用することで、クリップを細切りにする

ことができます。

ツールバー(シーケンスの左)にある「カミソリマーク」を選択して

クリップのカットしたい部分に当てます。

ショートカットコマンドを設定していればキーボードで「C」を押すと

レザーツールに変更できます。

Image from Gyazo

<レザーツールでカットする>

 

動画の書き出しをする

動画の並べ替えやトリミングが終わったら、作成した動画を

書き出してみましょう。

書き出し方法は下記にまとめました。

 

おわりに

Premiere Pro の入門編でした。

他にもエフェクトやカラーの調整など、さまざまな機能があります。

少しずつマスターしていきましょう!


Talk VideoのYouTubeをチェックする