【YouTube用】Premiere Pro |書き出し方法

Premiere Pro

 

YouTube 用に書き出す前の準備

動画の編集が終了し、書き出しの設定画面まで進みます。

ファイル> 書き出し> メディア  ですね。

基本的な書き出しをしたことがない方は

まず下記の記事を読んで戻ってくるといいでしょう。

 

【Premiere Pro】書き出し方法を徹底解説!|クリエイター直伝
Premiere Pro による書き出し方法を動画クリエイターが解説します。これから動画制作に取り組む方も、いままでなんとなく書き出していたけどこの際詳しく知りたい!と思っている方も、書き出し方法や用途に合わせた選択の仕方を理解するとよりクリエイターとしての幅が広がります。

YouTube用にPremiere Proで書き出す方法

書き出し設定のウィンドウが展開されたら必要な項目を設定していきます。

書き出し設定画面のなかで

形式を「H.264」に設定します。

このままでも Youtube にアップロードできる動画を書き出すことは

できるのですが、今回はさらに Youtube 用に動画の画質を設定してみましょう。

 

形式のすぐ下にある「プリセット」のプルダウンを開くと

下の方に「Youtube 〜p 」と記載された項目があるので

いずれかを選択してください。

4Kの解像度で書き出したい場合は「YouTube 2160p 4K」をフルHDで書き出したい場合は「YouTube 1080p」を選択します。


[注意]     p が単位となっている数字が大きいほど画質が高い映像ということになります。撮影した動画素材の画質が低い場合はいくら設定上で高い画質を設定しても画質が上がることはありませんので注意してください。


 

Image from Gyazo

<プリセットの選択>

 

あとは書き出して実際に Youtube にアップロードすれば完了です。

書き出しに使用する「プリセット」とは

動画編集ソフトを使用していると、「プリセット」というワードを

よく目にしますね。

プリセットとは、

      あらかじめ設定すること、前もって調整された設定値

という意味のカメラ用語です。

書き出し以外の場面でもエフェクトカラー調整の際に

でてきますので覚えておくといいでしょう。

【p】はどんな単位?

「p」は、映像の縦方向にはしっている線の数を示しています。

数が大きいほど線の数が多いということなので

映像がきめ細かく描写されます。

おわりに

「いままで書き出しはできていたけど、Youtubeに合わせて画質を設定

していなかった」という方も、

今回のプリセットを理解すれば簡単に自分で画質を設定できます。

ぜひお試しください!

Talk VideoのYouTubeをチェックする