【Premiere Pro】高画質に書き出す方法|動画クリエイターが解説

Premiere Pro

Premiere Pro にて書き出しを行う際、画質が保てているか、さらに

画質を上げることはできるのか解説していきます!

 

 

【Premiere Pro】高画質に書き出す方法

【Premiere Pro】高画質に書き出す方法

以前の記事でプリセットの設定に関して説明しました。

詳しくは下記をチェックしてみてください。

プリセットを指定してあげることで、画質をあらかじめ設定することができました。

今回は、「ビットレート」を指定して、適切な画質で書き出してみましょう!

ビットレートを設定する

ビットレートを設定する際の手順をまとめました。

  • 1.プリセットを「カスタム」に変更
  • 2.下部のビットレート設定で「ターゲットビットレート」と「最大ビットレート」をそれぞれ設定する
  • 3.書き出し

 

Image from Gyazo

<ビットレートの設定>

ビットレートを理解しよう|画質の基礎

ビットレートを理解しよう|画質の基礎

ビットレートとは、「どのくらいの情報量で書き出すか」という指標です。

精度の高い映像・音声をそのまま表現するためには、高いビットレートで書き出す必要があります。

 

例として、YouTubeで推奨されている各解像度・フレームレートごとのおすすめビットレートを添付します。


<おすすめビットレート>


 

高解像度になるにしたがってビットレートの値も上がっていることがわかります。

ターゲットビットレート、最大ビットレートとは

ターゲットビットレート」と「最大ビットレート」という用語がでてきたので解説します。

 

   ターゲットビットレート:ビットレートの平均値

   最大ビットレート:書き出した動画におけるビットレートの最大値

 

たとえば、動画のなかで一部フレームレートが大きいクリップを使用しているときは、最大ビットレートを大きくすることで調節します。

全体的に高解像度であれば、ターゲットビットレートを大きくしましょう。

おわりに

作った動画の解像度に合わないビットレートに設定していた場合、本来の画質で書き出されていないおそれがあります。

もう一度見直して高画質な動画を!

 

人気記事

【厳選3冊】Premiere Proをマスターするために読むべき本|学ぶならこの中から選ぼう
動画編集ソフトの中で最も人気な「Adobe Premiere Pro」。現場レベルで使用することができ、YouTubeやクリエイターの中でも愛用している人が多いソフトです。今回はPremiere Proを始める方向けに参考書籍を3冊紹介します。ぶっちゃけこの3冊の中から1冊選んで理解すればOKです。
【必見】動画編集で稼ぐことを決心したら覚えておきたいこと
「好きなことをして稼ぐ」ことは誰もが目指す夢の世界。この記事を読んでいる方は動画の世界に入ってその魅力に引き込まれた1人だと思います。動画業界についてまだ詳しくなかったり、やってもなかなか結果が出ないという方は、どういった業界構造になっているかを理解していないことが多いです。

Talk VideoのYouTubeをチェックする