【iMovie(アイムービー)】動画の書き出し方(MP4、MOV)|動画クリエイターが解説

iMovie

昨今では、ムービーはさまざまな形でシェアされます。

SNSやユーチューブはもちろん

DVDに焼いてみたり、結婚式に流すためにMP4ファイルで保存したり、と…

すべて、iMovieで行うことができます。

本記事ではiMovieで行う「動画の書き出し」方法について

動画クリエイターが解説します!

iMovie(アイムービー)で書き出す

せっかく製作した動画ならば

できるだけベストな形で書き出しをしたいものです。

そのためにiMovieでは、6つもの書き出し方が用意されています。

どれもエディットページの右上にある

「共有」アイコンで行います。

アップル社製品ではおなじみのアイコンですね!

用意された6種の書き出し

では、iMovieでサポートされている6種の方法を

チェックしてみましょう。

  • 「メール」
  • 「YouTube」
  • 「Facebookで準備」
  • 「Vimeo」
  • 「イメージ」
  • 「ファイル」

この6種類となっています。

とくに「Facebookで準備」や「Vimeo」など

(「Vimeo」は、日本では馴染みがないかもしれません。ニューヨーク生まれの動画配信サイトで、とくに高画質な動画シェアのプラットフォームとして人気です)

その時代に合った動画プラットフォームでシェアすること

意識して作られていることがわかります。

この仕様は今後も変化していくものと思われます。

本記事で紹介するバージョンは、2019年12月現在のものです。

全種類やってみた

実際にすべての方法で、動画を書き出してみました。

やり方は前述の通り…

右上の「共有」アイコンをクリックすると

ポップアップウィンドウが開きます。

Image from Gyazo

それから細かい設定を決めて

「共有」ボタンを押せば

動画のレンダリングと保存が開始されます。

①「メール」

メールでの共有に最適化されたものです。

レンダリングが終了すると

自動でメールのアプリケーションが開き

新規メールに添付ファイルとして製作した動画が添付されます。

また解像度も「428×240」と

かなり小さいサイズから選択が可能なので

作品として残すというよりは

複数人との間でスピーディに共有するといったイメージでしょうか?

②「YouTube」

動画配信サイト「YouTube」での投稿を想定したものです。

YouTubeアカウントにサインインすることで

なんとiMovieから動画投稿ができます。

「カテゴリ」「プライバシー」の設定など

本来「YouTube」上で行う設定も用意されているので

動画投稿を考えている方には

大きな助けになるでしょう。

③「Facebook」

SNSアプリ「Facebook」への投稿を想定されたものです。

解像度など、「Facebook」に最適化された形で書き込めますが

「YouTube」のように

ダイレクトに投稿できるわけではないようです。

④「Vimeo」

動画配信サイト「Vimeo」への投稿を想定されています。

「YouTube」と同様

サインインすることで直接シェアすることできます。

⑤「イメージ」

「イメージ」はムービーを画像データとして

保存することを想定されています。

とてもシンプルなレイアウトですね。

動画内の選択された場所が

一枚のJPG形式の画像ファイルとして

保存先に保存されます。

では動画をなぜ、画像で保存する必要があるのでしょう?

不思議に思う方もいるかもしれません。

しかし、実はこの項目、かなり便利なのです。

例えばYouTubeでアップする際には

「サムネイル」が必要ですよね?

YouTube上で、本の扉絵のように使われている画像のことです。

また仕事先に提出するさいや

DVDを制作するさいのメニュー画面など

この機能があると便利な場面がたくさんあります。

まさに「痒いところにも手が届く」

アップル製品らしい機能と言えるでしょう。

⑥「ファイル」

最後に紹介する「ファイル」は

もっとも汎用性の高いものだと思います。

「解像度」「品質」「圧縮」の速度など

細かな設定が可能

「オーディオのみ」のフォーマットなども選択することができます。

ファイル形式に関しては、「品質」の項目にて…

  • 「低」「中」「高」ならばMP4
  • 「最高」(ProRes)ならばMOV

の形式で書き出されます。

「ファイル」で行う共有は

SNSでシェアしたり、DVDに焼いたりするなど

どのような用途にも対応できる

もっともベーシックな選択と言っていいでしょう。

保存先の設定

保存先の設定は「共有」の動作中に現れるウィンドウで設定します。

動画制作ではファイルが膨大なものになるので

こまめに管理することをオススメします。

あらかじめファイルを作っておくと

いいかもしれませんね。

みなさんもiMovieで動画を作って

たくさんの人たちにシェアしてみましょう!

 

Talk VideoのYouTubeをチェックする