【iMovie(アイムービー)】カット編集を使いこなす|分割、トリミング、結合の仕方

iMovie

 

【iMovie(アイムービー)】カット編集を使いこなす|分割、トリミング、結合の仕方

映像制作において

映像をカットし、伝わりやすい形に繋ぎ合わせることはとても重要

スキルのひとつです。

カットを上手に使いこなすことで

動画は印象的にすることができる一方

あまり上手でないと、陳腐になってしまうことも…

それでは無料ソフトのiMovieで

本格的なカット技術を身につけてみましょう。

 

iMovie(アイムービー)に素材を取り込む

プロジェクトをはじめる前に

まずは動画で使用する映像素材を

iMovieに取り込んでみましょう。

Image from Gyazo

<メディアの取り込み画面>

プロジェクト画面から「ファイル」を選び

そこから「メディアを取り込む」をクリックすることで

素材をプロジェクトに追加することができます。

あとは追加したい素材のフォルダを選んでから

「全てを読み込む」をクリックしましょう。

詳しくは、以前書いた「iMovieの使い方」の記事に

インストールからムービー作成をはじめるまでの手順を詳しく

まとめたのでぜひ参考にしてみてください。

【iMovie(アイムービー)】使い方を解説|インストールからムービーを作成するまで
iMovie(アイムービー)の使い方を解説します。アップル社の本動画ソフトなら、インストールから実際の動画制作までの工程も驚くほどにシンプルです。初歩的な内容なので、初心者の方も安心です。じっさいに編集や書き出しをしてみて、動画作成の一歩を踏み出しましょう。

【iMovie(アイムービー)】分割、トリミングの方法

さっそく、素材を並べてみましょう。

映像素材を並べ、実際のムービーを作成する場所のこと

タイムラインと呼びます。

プロジェクト画面左上のメニューから「マイメディア」を選び

先ほど取り込んだ素材を

タイムライン上にドラッグすると、映像を作ることができます。

Image from Gyazo

<プロジェクトのタイムライン画面>

タイムライン上の素材を編集してみましょう。

ここで重要になるカット技術が、ふたつあります。

 

・素材の「分割

・素材の「トリミング

 

ほかにも「結合」という操作が以前のバージョンでは

用意されていました。

しかし「結合」は使用頻度がそこまで高くないため

現在のバージョンではメイン機能から削除されました。

どうしても「結合」機能を使いたいという方は

ふたつ以上のクリップを選択した状態で「共有」→「ファイル」から

ひとつの動画ファイルを書き出すという方法で

対応することができます。

ファイルを書き出す方法は以前の記事でまとめたので、

ご覧ください。

【iMovie(アイムービー)】動画の書き出し方(MP4、MOV)|動画クリエイターが解説
iMovie(アイムービー)では6種類の方法で動画を書き出すことができます。本記事では、MP4ファイルやYouTubeに直接投稿をするやり方などを、いちから解説しています。この「共有」機能を使いこなすことで、SNS投稿や結婚式のムービーやDVDなど、さまざまな動画のシェアの仕方を学びましょう。

「分割」の仕方

ひとつの素材をふたつにカットする方法を

iMovieでは「分割」と言います。

タイムライン上に並んだクリップ内で「分割」したい一点を選択し

(選択すると、黄色い縦のラインがクリップ上に引かれます

右クリックから「クリップの分割」を選択します。

Image from Gyazo

<クリップの「分割」画面>

クリップをふたつに分けることができました。

ここから、分割されたクリップを並べ替えたり…

Image from Gyazo

<クリップの並べ替え>

余計なクリップをバックスペースで削除することが可能です。

Image from Gyazo

<余計なクリップの削除>

「分割」は「⌘B」のショートカットキーが用意されています

とても使用頻度の高い操作なので

ショートカットキーを覚えておくと便利です。

「トリミング」の仕方

先ほどはクリップをふたつに分割しました。

では、つぎはひとつのクリップを分割することなく

クリップの余計な部分をカットしてみましょう。

「トリミング」はクリップの端の部分を選択することで可能です。

Image from Gyazo

<クリップのトリミング>

クリップの端にマウスを合わせると

カーソルのビジュアルが矢印マークに変わります。

Image from Gyazo

<トリミングの矢印マーク>

矢印マークに変わったら、縮めたい(あるいは伸ばしたい)方向に

ひっぱってみましょう。

これで簡単に不要なシーンをカットすることができました。

覚えておくべきカットの応用

さいごに、カット技術の応用を紹介します。

この技術をマスターすれば

動画制作がとても効率の良いものになるはずです。

iMovie版「三点編集」の仕方

最初にトリミングをした状態で、クリップをタイムライン上に

並べることができます。

「三点編集」と呼ばれる編集方法の、簡易版のようなものです。

プロの動画クリエイターならば「三点編集」は必ずと

言っていいほど使用されている技術なので

そのiMovie版をマスターしましょう。

プロジェクト画面の右上のメディアページ上の素材から

先ほどの「トリミング」をしてみます。

Image from Gyazo

<iMovie版「三点編集」>

あとは通常のクリップ操作と同じように

選択し、ドラッグすることで、タイムライン上に部分的な

クリップを並べることができます。

このように「トリミング」を応用することで、タイムライン上に

任意のクリップを挿入することができます。

「分割」してから不要な部分を

カットする手間が省けますね。

   

このように、動画作成では作業効率もとても重要です。

みなさんも自分なりに使いやすい方法を編み出して

理想的なムービーを作ってみてください!

 


Talk VideoのYouTubeをチェックする