【プロ監修】ドローン撮影スポット|安全に飛ばせる場所

Drone

ダイナミックな空撮映像が誰でも撮れるようになった一方で、

さまざまな飛行ルールやマナーなど、知らなければいけないことが山ほど

あります。

初心者からプロの方まで、安全にドローンで撮影できる場所や撮影時に

知っておくべきことを解説します。

ドローン撮影場所|知っておくべきこと

ドローンを飛行させる際には、さまざまなルールが存在します。

主に

  • 夜間飛行
  • 目視外の飛行
  • 人や建物から30m未満の飛行
  • イベント会場上空の飛行
  • 危険物の輸送
  • 物の投下

などを定める「航空法」や、各地の条例

または人工密集地域を飛行禁止区域(DID)と定めるルールなどです。

(離陸重量200g以下の機体には、航空法の厳守義務はありません)

 

ドローン撮影をする際は全てをチェックしておかなければなりません。

ドローン規制に関しては過去の記事に

詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

しかし、撮影したい場所が飛行禁止区域に属していたり

航空法に違反してしまう場所だからと言って、すぐに諦める必要はありません。

国土交通省に無人航空機飛行許可申請をすれば

許可された場合のみ、ドローン撮影が可能になります。

オンラインで申請を受け付けているので、その方法を解説します。

オンライン申請のやり方

国土交通省のオンライン申請は2018年から可能になりました。

原則として申請料は無料で(郵送で許可書を受け取る際のみ切手代負担)

24時間365日の申請が可能です。

ただ審査が可能なのは平日のみで、混み合っているとかなり時間を必要と

するのでなるべく余裕を持った(できれば一ヶ月ほど前に)申請したほうが

良いでしょう。

申請は「ドローン情報基盤システム」というサイトで行うことができます。

申請の流れは

  • 申請者IDを発行
  • 機体情報の登録
  • 操縦者情報の登録
  • 申請書の作成・提出
  • 審査
  • 許可書発行(PDFでダウンロード可)

となります。

サイトを下にスクロールすると、「はじめての方へ」というページがあるので

IDを発行しましょう。

また民間ドローンスクールであるJUIDA、DPA、DJI CAMPなどの認定書

保有している場合、これを提出することで一部の手続きが省略することが

可能です。

ドローンの民間スクールについては以前の記事にまとめたので

ぜひご覧ください。

おすすめの撮影スポット|安全に飛ばせる場所

海岸ならば許可申請が必要でない場合が多く

空撮にも映えた映像が撮れますし、所有者がいないので(港付近などを除く)

安心して撮影することができます。

またドローンのルールはかなりの頻度で変更されており、今後も

変更される可能性があります

全国のドローン練習場所・撮影スポット

※随時更新

東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州
北海道 栃木 新潟 滋賀 島根 香川 佐賀
青森 茨城 富山 三重 鳥取 愛媛 長崎
岩手 群馬 山梨 京都 岡山 徳島 福岡
秋田 東京 長野 奈良 広島 高知 大分
宮城 千葉 岐阜 兵庫 山口   熊本
山形 神奈川 石川 大阪     鹿児島
福島 埼玉 愛知 和歌山     宮崎
    静岡       沖縄
    福井        

撮影に適したドローンとは

ドローンにはたくさんの種類があります。

レース用や遊戯用など、それぞれの用途に合ったものが販売されています。

では、撮影に適したドローンとはどんなものでしょうか

以下の二点が重要となります。

  • カメラの画質
  • 安定性

撮影用ならば、ドローンのカメラは最低でもフルHD以上のものにしましょう。

画素数が画質を決めるわけではありませんが

ドローンの性質上、カメラは小型のものが搭載されているものがほとんどなので

まずは画素数で、どれほどカメラを重視しているかチェックします。

DJI社の商品で撮影レベルを測る

撮影用ドローンにどれほどのクオリティが必要かを

ドローン市場最大手のDJI社の商品で比べてみます。

DJI Mavic Mini [ドローン カメラ付き 小型 ]
created by Rinker

例えば「Mavic mini」2.7Kの撮影が可能です。

他社製品でもカメラのクオリティがあれば

本格的な撮影にも使うことができることができます。

また同じくらい撮影には風への耐久性、安定性が重要になります。

「Mavic mini」は重量が200g以下なので、安定性が心配ならば

「Mavic air」など重量が500g以上のモデルがおすすめです。

Mavic Air 2 Fly More Combo
created by Rinker

せっかくドローンの撮影にきたのに、強風でドローンが飛ばない…

そんな事態も、飛行安定性の高いドローンならば

防ぐことができます。

他のドローン製品に関しては

【2020】おすすめのドローンを一挙紹介|初心者からプロ仕様まで

をご覧ください。

Talk VideoのYouTubeをチェックする