Top

【4K対応】動画編集用PC|クリエイターが解説

【4K対応】動画編集PC|必要なスペックは?

CPU|処理機能

CPUは人間でいうと脳の部分。処理性能を表す単位です。

4Kのような高容量データを扱う上でもっとも大切な

基準といってもいいでしょう。

動画編集をするのであれば Core i7 以上は必須。

CPU の中でもクロック数(GHz) が計算処理の基準指数である

ことから編集中のプレビュー反映や書き出しの速度に関与します。

合わせて確認しましょう。

CPU が低い PC を使うと編集中に固まる要因になります。

メモリ|同時処理

同時にどれだけ処理することができるかを表す数値です。

16GB は必要です。4K 素材を使ってもなんとか編集できる程です。

余裕があれば 32GB、64GB を選択してください。

GPU|ブースター

搭載していると対応ソフトであれば処理の高速化が見込めます。

なくても心配ありませんが念の為確認してみましょう。

【4K対応】おすすめ動画編集PC

16インチMacBook Pro Core i9

2019年11月に新発売した MacBook の新モデルです。最大Core i9、

メモリ64GBとハイスペック。

高性能のグラフィックスやSSDも搭載していることから動画編集に

おすすめです。

m-Book K700SN-M2SH2

安価のわりに高性能。専用の GPU を搭載しており、

動画編集はもちろんあらゆる作業をノンストレスでおこなう

ことができます。

CATEGORY-PC

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。