【ドローン】飛行禁止区域について徹底解説|DIDマップとは

Drone

ドローンを飛行させる際には、飛行禁止区域に注意しなければいけません

飛行禁止区域国土交通省が定めているものです。

航空法をはじめとするドローン規制については理解していても

飛行禁止区域については知らず

ドローンを紛失した場所が飛行禁止区域だったという理由で

逮捕されてしまったケースもあります

 

ドローンの飛行禁止区域はどのように調べればよいのでしょうか?

また、航空法などのドローン規制とどういった違いがあるのでしょうか?

本記事では、知らない方も多いドローンの飛行禁止区域について解説します。

ドローンの飛行禁止区域|その前に…

ドローンの飛行禁止区域を解説する前に

ドローン規制の大筋について理解する必要があります。

ドローンについての規制は主に

  • 航空法(国土交通省)
  • 条例(各自治体)
  • 私有地(個人)

の三つが挙げられ、それぞれ括弧内を対象にルール作りがなされています。

本記事で解説する飛行禁止区域は国土交通省の国土地理院によって

定められたものです。

つまり航空法で定める基準に照らせば、200g以下のドローンは

トイドローン(遊戯用ドローン)という扱いになるので

機体重量200g以下のドローンには飛行禁止区域は適応されません

もちろん国土交通省以外が定める法は

(各自治体の条例や、民事で争われる私有地への侵入などは)

まったく別の問題となります。

またドローン規制には他にも小型無人機飛行禁止法など

国際的なイベントなどにドローンで近づくことを禁じる法律も存在します。

ドローン規制についてあまり詳しく無いという方は

過去の記事に詳しくまとめたので、そちらも参照してみてください。

飛行禁止区域(DID)について解説

それでは、飛行禁止区域について詳しく解説していきます。

まずは航空法で定める飛行禁止区域の条件を見てみましょう。

  • 空港周辺
  • 150m以上の上空
  • 人家の密集地域

上記の条件に当てはまる場合

国土交通省に飛行許可を申請しない限りは飛行することができません。

(オンライン申請の方法は過去の記事にまとめたので、ご覧ください)

この中で、三つ目の「人家の密集地域」に注目してください。

この「人家の密集地域」をマップにして可視化したものが

今回解説する国土地理院の飛行禁止区域(DID)ということになります。

その他にも航空法では

  • 夜間飛行
  • 目視外の飛行
  • 人や建物から30m未満の飛行
  • イベント会場上空の飛行
  • 危険物の輸送
  • 物の投下

などを制定しているのですが、これらの条件に当てはまらない場合にも

飛行禁止区域(DID)に指定されている場合があります。

また個人的な感覚では、あまり家屋が密集しているは思えない場所でも

DIDに指定されているケースがあります。

つまりドローンを飛行させる際には、必ず飛行場所がDIDに指定されているかを

前もって確認する必要があると言えるでしょう。

どうやって調べる?

それでは、飛行禁止区域(DID)はどのようにして

調べることができるのでしょうか?

その手段として

  • ドローンのアラート機能
  • 国土地理院のマップサイト

の二つが存在します。

ドローンのアラート機能

ドローンの中には、公式のGPS機能によって

現在飛行しようとしている地点が、飛行が許可されている場所かどうかを

警告してくれる機能を持つモデルがあります。

例えば、自衛隊の駐屯地などの周辺は全面的に飛行が禁止されているため

駐屯地の近辺でドローンを飛行させようとすると

このアラートが飛行を中止させようとします。

もちろん法律を犯さずにドローンを楽しむためには有益な機能です。

しかし、アラート機能は現時点では完璧というわけではありません。

鳴るべき場所で鳴らなかったりすることは、しばしばあります。

そのため安心してドローンを操縦するためには

これだけでは不足していると言わざるを得ません。

国土地理院のマップサイト

次に紹介する国土地理院のマップサイトを参照し

ドローンを飛行させる予定の場所が飛行禁止区域(DID)に定められていないか

前もって調べておくことをお勧めします。

少し面倒臭いと感じるかもしれませんが

現状、唯一の方法と言っていいと思います。

国土地理院の電子マップは

とても見やすく、使用感も問題ありません。

それでは国土地理院のDIDマップの使い方を一緒に見てみましょう。

DIDマップの使い方

下記のURLから国土地理院のマップサイトにアクセスができます。

すると、GOOGLEマップのようなマップサイトが現れます。

このとき上部に現れる検索バー

撮影するポイントの住所を記入してみましょう。

今回は試しに「神奈川県相模原駅」周辺を表示させてみます。

すると、画面は目的地にズームインします。

その詳細を見ると、このようになっていることがわかります。

右半分は赤い部分が多く、左半分は少ないです。

この赤い部分が国土交通省の定める飛行禁止区域(DID)となります。

この場所でドローンを飛行させると、航空法違反となり

逮捕される可能性があります。

マップは指でスクロールすることで、簡単にズームインとアウトが可能です。

操作性は悪くなく、割とサクサク動きます。

ぜひともドローンユーザーはこのサイトをブックマークしておき

撮影前に調べてみることをおすすめします。

それでも注意すべきこと

最後に、飛行禁止区域(DID)のマップ以外ならば

どこでも飛行させていいわけでは無いということについて解説します。

さきほどドローン規制の大筋を解説した際に

航空法と条例などはそれぞれ管轄が違うという話をしました。

つまり航空法で定める飛行禁止区域(DID)のマップは

国土交通省の禁止区域なので

各自治体の条例の禁止する場所は定められているわけではありません。

試しに、都の条例が全面的にドローンの飛行禁止している都立公園を

国土地理院のマップで見てみましょう。

 

上記の赤丸で囲まれた都立公園の内部は

飛行禁止区域には指定されていないことがわかります。

これは、都立公園は都の条例で飛行が禁止されているのですが

マップを制作している国土交通省が禁止しているわけでは無いからです。

とてもややこしいですよね。

 

しかし、これがドローン規制の現状であり

都条例に違反すると5万円以下の罰金が課せられるので、注意が必要です。

もちろん複雑ですが、順序立てて覚えておけば

やがて慣れるでしょう。

ドローンのルールをよく理解して、安全な空撮を楽しみましょう。

Talk VideoのYouTubeをチェックする