【ドローン】各国のメーカーを紹介|トップシェアはどこか

Drone

近年ではドローンは身近になってきました。

その市場規模は、全世界で1100億円を越すと言われています。

しかし、ドローンユーザーの間でも、機体を製造するメーカーについては

あまり詳しくないという方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ドローンに詳しくなりたい方ならば是非とも知っておきたい

各国の有名ドローンメーカーについてまとめました。

ドローン|世界三大メーカー

DJI

DJI社は中国に本社を構えるメーカーです。

その家庭用ドローンのシェアは7割を越すと言われており

まさにドローン業界の王と言っていいでしょう。

最高の撮影クオリティを誇る名機「Phantom」シリーズは

NHKや海上保安庁の撮影など

民間やプロフェッショナル問わず、幅広く利用されています。

DJI社のドローンのポイントとしては

  • コストパフォーマンスの良さ
  • 圧倒的な利便性

が挙げられます。

大人気の折り畳みドローン「Mavic」シリーズなどに関しては当ブログでも

度々取り上げてきました。

(DJI社の商品について詳しく知りたい方は過去の記事をご覧ください)

とにかく値段とパフォーマンスのバランスが群を抜いていて

商品のバラエティにも優れています。

また販売後の保証に関しても、エアロエントリー社と共同で運営する

DJI賠償責任保証など、優れたプランが用意されています。

他にもドローンスクールの運営などを積極的に行うなど

業界全体に強い影響力を持っています。

ドローン業界ではもっとも信頼のおけるメーカーを言っても

過言ではないでしょう。

DJI社の公式ホームページはこちらになります。

Parrot

Parrot社はフランスに本社を構えるメーカーです。

「オウムがParrotの語源。

ヨーロッパならではの機体のデザインセンスもとても高い評価を受けています。

有名な「ANAFI」シリーズなどは

まさに空撮用ドローンブームを作り出した立役者だと言われています。

メーカーの特徴としては

  • デザインセンスの高さ
  • 幅の広い商品ラインナップ

が挙げられます。

家庭用ドローンから業務用ドローンなど他種のラインナップがありますが

さきほどのDJI社に比べて、とくに

安価帯(具体的には1万円以下ほど)のドローンの種類が豊富

とても性能が良いです。

「どうせドローンを楽しむならば、外見もオシャレにしたい!」

という方や、「安価のドローンを探したい¡」

という初心者の方や子供のプレゼントなどには

特にオススメできるメーカーとなっています。

Parrot社の公式ホームページはこちらになります。

3D robotics

3D robotic社は北米最大のドローンメーカーです。

シリコンバレーを拠点にしています。

日本人の方には、あまり馴染みがないメーカーかもしれません。

実際にショップを眺めてみても入荷されていることは稀です。

このドローンメーカーは特に業務機に強く

アメリカで行われるトウモロコシ畑の農薬散布などに使用されるイメージが

あります。

もちろん「solo」シリーズをはじめとする

家庭用のドローンもたくさんの種類がリリースされています。

3D Roboticsの強みはなんと言っても

  • 業務機
  • 拡張性の高さ

が挙げられます。

例えば大人気アクションカメラであるGoPro社と提携

より多くのシチュエーションで使用に耐えられるドローンの開発などを

行ってきました。

(当ブログではGoProに関する記事もありますので、興味のある方はぜひご覧ください)

しかし、近年ではDJI社の勢いに押され気味のようです。

ドローン業界は「振り向けば過去」と言われるほど、日進月歩で

つねに激しい生き残りへの競争さらされている業界です。

これから注目のドローンメーカー

Intel

Intel社は言わずもがな有名なPC機器メーカーです。

この巨大企業が満を辞してドローン業界に参入し、すでに成果を上げています。

アメリカでは猛烈な勢いで業績が伸び

2019年の北米ドローンシェアがトップだったようです。

Intel社のドローンの特徴としては

  • 高度なテクノロジー
  • 新たな可能性

が挙げられます。

Intel社のドローンで行われた光のライトショーなどは大きな話題を呼び

これからのエンターテインメントの形を変えるでしょう。

(噂では2020年の東京オリンピックでも使用されるとか…)

また「Sirius」シリーズや「Falcon」シリーズなどは高度な地図の

マッピング機能などに強く新しいドローンの可能性を模索し、

世界を変えていくことをテーマに掲げています。

これまでは家庭用ドローンの製造は優先度が低いようですが

ぜひともIntel社のテクノロジーの詰まった家庭用ドローンを見てみたい物です。

Intel製ドローンの公式ホームページはこちらになります。

Autel Robotics

2020年の1月初旬に、高スペックのドローンが発表されました。

それがアメリカ合衆国を拠点にするAutek Robotics社

「EVO Ⅱ」というドローンです。

こちらは折り畳みドローンでは世界初の8K映像の撮影が可能

最大40分の飛行が可能という

怪物的なスペックを誇っているようです。

またひとつドローン界の常識が覆されるかもしれません。

ドローン業界はかつてない盛り上がりを見せており

これからもたくさんのスタートアップ企業などが参入することが予想されるので

目が離せません。

さいごに、日本メーカーについて…

ここまで各国のドローンメーカーについて解説しましたが

日本メーカーのドローン事情はどうなっているのでしょうか?

率直に言って、非常に影が薄くなってしまっています…

ヤマハなどが農薬散布用のドローンを開発するなど

意外にも、たくさんの企業が参入はしているのですが

各国のメーカーからシェアを奪いきれないというのが現実なようです。

しかし日本メーカーは高度なカメラ技術やロボティック技術を持っているので

これから、良質なドローンが製造されるかもしれません。

とても楽しみですね。

Talk VideoのYouTubeをチェックする