ISO と動画の関係 | クリエイター解説

ISO感度を基本から理解しよう

ISO感度とは

はじめに、ISO感度をすでに知っている方も、初めて聞く方も、簡単におさらい

しましょう。

“ISO”は「イソ」と読み、カメラがどれほど光を取り込めるかを数値にした

ものです。国際標準化機構(ISO)が策定し、世界共通の指標となっています。

ISO感度の数値を上げることで取り込む光の量が増え、暗い場所でも明るく

撮影することができます。カメラによっても対応しているISO感度が異なり、

一般的にISO感度の幅が広ければさまざまなシーンに対応しやすいので、

良質なカメラということができます。

ISO感度の設定方法

ISO感度の設定方法は各カメラによって異なりますので、あくまで

一般的なものを説明します。

各カメラでダイヤル、もしくはメニューから「ISO」という設定項目を

選択すると数値が並び、他にも「AUTO」という項目が確認できます。

数値が大きければ大きいほど、ISO感度が大きいということであり、

AUTOを選択すると、カメラがレンズに取り込まれる光の量から自動的に

ISO感度を設定します。

ISO感度の影響 | 動画編

ISO感度を上げることで暗い場所でも明るく撮影することができる、という

ことは常に感度を最高値に設定していればいい!というわけではありません。

写真を撮影する際もそうですが、ISO感度を上げることで取り込める光の量

を増やすことができる一方、合わせてノイズも含まれるので画質が落ちて

しまうのです。

ISO感度の便利な活用表

シチュエーション別 | ISO感度の設定方法

屋内

屋内で撮影する際は、屋外と比べ露光量も少ないため、ISO感度は

400〜800程度が望ましいです。

屋外(昼)

天気がいい場合はISO感度は低めで問題ありません。曇っている場合、200程度

にするとよいでしょう。

屋外(夜)

夜景などを撮影する場合、三脚を使用できるかによって撮影の質が左右

されます。

・三脚がある場合

三脚がある場合はISO感度を下げ、シャッタースピードを遅くしましょう。

また、絞り(F値)は開放します。

(ノイズが目立たなくなり、他の設定値によって取り込む光の量が増加します)

・三脚がない場合、苦肉の策としてシャッタースピードを速め、絞りは開放

ISO感度を高くします。

(ノイズが入り込むおそれがありますが、ブレを防止できます)

Filed under: CameraTagged with: , ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website