動画のフレームレートとは|クリエイター解説

動画のフレームレートとは

動画のフレームレートとは、簡単に説明すると「1秒間にどれだけ画像が

入っているか」です。動画は多くの画像がパラパラ漫画のように連続的に

ながれることで表されます。

画像の密度が大きいほど動作が滑らかになり、逆に小さければカクカクした

動画になります。

余談ですが、映画とテレビで微妙に印象が変わる感覚を持ったことは

ありませんか?これもフレームレートの影響です。

一般的に映画は24fps、テレビは約30fps                  (fps : フレームレートの単位。24fps=1秒間に24枚の画像)

となります。6fpsの違いでブレ感が少し加わり奥行きのある印象に変わる

のです。

フレームレートの設定方法

カメラによって設定できるフレームレートは異なります。

一般的に243060・(120)fps まで設定可能です。60、120fpsは

4Kなどの高画質によっては設定できない場合があるので注意しましょう。

シーン別 | おすすめフレームレート

映画のような奥行きを表現したいとき

24fpsに設定しましょう。30fpsと比べ映画のような印象に近づき、

他の動画と差別化ができます。

スローモーションを使いたいとき

60もしくは120fpsがおすすめ。スーパースローモーションといわれる

スローモーションにしても滑らかな動画に仕上げたい時には120fpsが

好ましいでしょう。ただし、フレームレートを上げた場合、同時に

容量も大きくなるのでデータの編集はかなり負担になることがあります。

動きを滑らかに見せたいとき

スポーツなどスピード感のある動画を撮影する場合は、60fpsに設定すると

細部まで滑らかに表現できるのでおすすめです。

Filed under: CameraTagged with: , , ,

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website