Top

【ジンバル・スタビライザー】GoPro専用のジンバルを紹介

2020/03/18

ジンバル(スタビライザー)はカメラ機器を

より滑らかに撮影する機材のことです。

近年ではスマホ用や一眼カメラ用など

さまざまなデバイスに対応したものがリリースされています。

映像が滑らかなカメラといえば、大人気アクションカメラのGoProなども

とても滑らかな映像が撮影できると評判です。

それでは、ただでさえ滑らかな映像を撮ることができるGoProにも

ジンバル(スタビライザー)はあるのでしょうか?

本記事ではGoPro専用のジンバル(スタビライザー)を紹介するとともに

実際のところGoProに必要かどうかを解説します。

GoPro用ジンバル(スタビライザー)の真相

はじめに結論を言うと、GoPro用のジンバル(スタビライザー)は

存在します

有名なところではHohem社の三軸ジンバルなどです。

こちらの商品はGoProだけではなく

アクションカメラ用というカテゴリーなので

SonyやDJI社のアクションカメラを使うことができます。

値段は1万990円。

手が出にくい値段というわけでもありません。

使用するメリット

当然ですが、GoProにジンバル(スタビライザー)を使用すると

信じられないほど滑らかな映像が撮影できます。

走っていても、ほとんどブレが気にならないほどです。

また他にも

  • 手持ち棒の代わりになる
  • 自撮りができるようになる

など、さまざまなメリットがあります。

GoProなどのアクションカメラは、どちらにせよ

セルフィー棒などのアタッチメントを付けて

使用することが多いので、それならばいっそのこと

ジンバル(スタビライザー)を装着するという選択が人気のようです。

特にGoProは自撮りがしにくかったので

ジンバル(スタビライザー)があると表現の幅が広がりそうです。

売れ行きナンバー1「カルマグリップ」を紹介

アクションカメラ用のジンバル(スタビライザー)は

さまざまなメーカーからリリースされていますが

売り上げナンバー1を誇る商品は「カルマグリップ」です。

先ほど紹介したHohem社の三軸グリップと比べると

お値段は3万7千円代といい値段がしますが

プロ品質の映像が撮影できます。

また防滴性能など(防水ではありません)

GoProとの相性もよくできています。

また小型アクションカメラやスマホ用のジンバル(スタビライザー)は

どうしても小型になるため、充電持ちが悪い印象がありますが

「カルマグリップ」ならば

最大で2時間の撮影が可能です。

まさにGoProの最高の相棒と言ったところでしょう。

カルマグリップのアマゾン購入ページはこちらになります。

GoPro用のジンバル(スタビライザー)の使用法

使用法は基本的には他のジンバル(スタビライザー)と同じです。

ほとんどのものは三軸から成り

組み立てたあとに、アクションカメラ本体を装着します。

この時通常のカメラ用ジンバルでは

水平のバランスをとるのに苦労しますが、アクションカメラ用のものでは

その心配はありません。

GoProにジンバル(スタビライザー)は必要?

GoProシリーズでは、すでにボディ内に

超強力な手ブレ補正機能が付いていることで有名です。

この機能はGoProの売りであり

GoPro7、GoPro8とシリーズが進化するたびに

凄みを増してきている感があります。

この上で、さらにジンバル(スタビライザー)を使用する

必要はあるでしょうか?

GoPro用ジンバル(スタビライザー)使用する際の強みは、やはり

  • 映像の質
  • 利便性

の二つになると思います。

最高の映像を求める人に…

GoProのボディ内手振れ補正は強力ですが

ジンバル(スタビライザー)を使用するしないでは

品質にかなりの差が出ます。

GoProは元から画質も良いので、使いようによっては

シネマチックな動画撮影

十分に可能です。

また先ほど話した通り、自撮り棒の変わりにもなるので

VLOGなどをする人にとっては

今後は定番の商品になるかもしれません。

GoProを使って最高の映像を撮影したいという方は

ぜひ試してみてください!

 

CATEGORY-Gimbal

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。