【ジンバル・スタビライザー】iPhone対応のジンバルを解説

Gimbal

最近はスマートフォンでも高品質な動画撮影が可能になりました。

その中でもiPhone Maxなどで撮影したものは

高価な一眼カメラなどの動画にも引けを取らないと評判です。

シネマチックな動画なども

iPhone一台で撮れてしまう時代です。

その上でジンバル(スタビライザー)もiPhoneにぴったりのものを選ぶことで

さらに映像表現に磨きをかけることができます。

それではiPhoneにぴったりのジンバル(スタビライザー)とは

どのようなものでしょうか?

本記事ではiPhoneに対応しているジンバル(スタビライザー)について

解説します。

スマホ用ジンバル(スタビライザー)はiPhone対応

結論から言うと、スマートフォン用のジンバル(スタビライザー)の

ほとんど全機種は

iPhoneにも対応しております。

これには一般的なスマートフォンの形ならば

ジンバル(スタビライザー)の特性上、バランスをとることができるからです。

今後の展開によっては注意

しかし注意点がないわけではありません

ジンバル(スタビライザー)によってバランスは取ることができても

例えばアンドロイドのスマートフォンなどでは

  • ボディの形状
  • レンズの位置や数

がまちまちなことが多いため

機種によっては、ジンバル(スタビライザー)のアーム部分が

映像に映り込んでしまう…という問題が存在します。

重ねて言いますが

iPhoneならば、今のところ問題はありません。

しかし今後のレンズの展開などによっては

(最新のiPhoneMAXでは、レンズは三つになりましたね)

アンドロイドのスマートフォン同様の問題が

iPhoneにも起こるかもしれませんし

現状でも、全く問題がないと言うわけではありません。

iPhoneの自撮り問題

iPhoneは最近になり広角撮影が可能になりましたが

それ以前のモデルでは(iPhone6,7)広角撮影ができません。

そのため、ジンバル(スタビライザー)で自撮りをするとなると

極端に画角が狭く、アーム部分の構造のせいで少し前に出てしまうため

自分とカメラの距離がどうやっても近くなってしまうという問題がありました。

その点で、例えばGoProなどの

アクションカメラに付いている広角レンズこそが

自撮りでは最適と考えられていました。

(当ブログではGoProの記事もあります。興味のある方はどうぞ)

しかし、iPhoneでも高品質な自撮りを撮影する方法があります。

本記事では、その方法も紹介したいと思います。

iPhone自撮り問題を解決「ワイコン」

「ワイコン」という機材をご存知でしょうか?

正式名称は「ワイドコンバーションレンズ」と呼ばれています。

簡単に言えば、カメラのレンズの上にもうひとつレンズを重ねて付け

無理やり画角を変えてしまおうというものです。

もちろんスマートフォン用のものも発売されており

iPhoneにも使用できます。

このようにクリップ状になっていて

そのままスマホ本体に挟むことで、使うことができます。

簡単にカメラの画角を変えられるので

スマホの映像表現が格段にレベルアップすること間違いなしです。

軽いのでジンバル(スタビライザー)との相性もいいですね。

お値段も3000円程度からリリースされています。

ですから気軽に試すことができると思います。

写真の「FISHEYE」のワイコンのアマゾン購入ページはこちらになります。

まとめ

これまでの話をまとめると少なくとも現在においては

iPhone用のジンバル(スタビライザー)は、一般的なものを購入すればOKということになります。

オススメなところではDJI社の「Osmo」シリーズなどでしょうか?

安いものから、高いレベルを望むユーザーのための商品まで

スマホ用ジンバル(スタビライザー)にはたくさんの種類があるので

ぜひ自分に合った一台を探してみてくださいね。

Talk VideoのYouTubeをチェックする