新時代の就活|動画選考にみる新たな社会

Scene

就職活動の新時代|動画選考に挑戦

就活のかたちがかわりつつあります。大手商社などでは本選考やインターン選考

で「動画選考」を採用。多くの応募者を全員審査するために効率がよく、

自由度が比較的高いため主流となりつつあります。

ただし、動画といっても自分で自分を長時間撮影したことがある方も少ない

のではないでしょうか。いざ撮影しても、「本当にこれでいいのかな?」

と不安になりますよね。

本記事では動画選考を乗り切るためクリエイターがおすすめの撮影ポイント

解説!

撮影はプロに頼みたい!という方は動画選考用の撮影サービスも

ご利用いただけます。

動画選考とは

動画選考の概要

動画選考は企業によって設問が異なります。一般的な「長所・短所

応募した理由」「自己PR」等の設問はあらかじめ想定しておきましょう。

その上で各企業から提示される設問の対策をしていきます。

動画選考にみる現代社会の流れ

大手企業ともなると、応募した多くの学生をひとりひとり審査するのは

不可能。そこで、動画選考によりいままでの採用プロセスでは

ミスフィルタリングしてきたような人材も実際に目を通すことで

効率化・有望人材の採用が可能となりました。

クリエイター解説|動画選考のポイントとは

採用に関わる撮影には大きく3つのポイントがあります。

撮影場所

撮影するロケーションは「背景」や「」が印象に大きく影響を与えます。

室内で白背景、照明機材を使用すると一般的な撮影ポイントはクリア。

少し他者と差別化したい場合は思い切って外の自然をバックに撮影するのも

ひとつです。

ただし、雨が降っていたり風が強い場合はもちろんおすすめできないのと、

奇抜な場所を選択すると逆効果なので注意が必要です。

撮影機材

通常自分で撮影する場合はスマートフォンを使用することが多いです。

しかし、スマートフォンは音声を拾う機能が高いわけではないですし、

画質に関しても可もなく不可もないため他者と比べると埋もれてしまう

おそれがあります。

一眼レフ

マイク

編集ソフト

三脚

上記の4点があれば「画質」「音声」はクオリティが高く仕上げることが

できるため一歩リード!

被写体の印象

やはり被写体の印象は一番大切です。笑顔や清潔感、顔色なども

人の印象には大きく影響を与えます。

自分ひとりで撮影すると主観が入り込んでしまうため第三者から

フィードバックを受けることも必要です。

動画選考の撮影を依頼できるサービス

「機材もないしいい動画は撮れない」「プロにフィードバックをもらいたい」

そういった方には動画選考のための撮影サービスがおすすめです。

Talk Video では動画制作のプロがあなたのPRを撮影!

学生でも安心のリーズナブルな料金であなただけの動画をつくりあげます!

ご依頼はページ下部のコメント欄に必須事項

(お名前、メールアドレス、撮影依頼の旨)を

入力し送信してください。

(第三者に通知が行かない設定となっているのでご安心ください)


Talk VideoのYouTubeをチェックする