Top

【ジンバル・スタビライザー】大人気|オスモモバイル3を徹底解説

2020/04/06

本記事ではスマートフォン用ジンバル(スタビライザー)として

ナンバーワンの人気を誇る「オスモモバイル3について

徹底解説いたします。

InstagramやTikTokなどで流行りのおしゃれなシネマチック映像

YouTuberのようなVLOG動画

スマートフォンで楽に、かつ美しく撮影したいという方は

必見の内容です。

ジンバル・スタビライザー|オスモモバイル3とは

「オスモモバイル3」とは、DJI社がリリースする

スマートフォン用のジンバル(スタビライザー)の最新製品となります。

DJI社はドローンやカメラ機器で有名な中国のメーカーなのですが

2007年に初代「オスモモバイル」をリリースし

一気に看板商品となりました。

それ以降も改良を重ねられ

今では「オスモモバイル3」が発売されています。

最近は街中で、スマートフォンにこのような機材を

使用している人の姿を見たという方も多いかもしれません。

これはジンバル(スタビライザー)と呼ばれるもので

自撮り棒とは異なり、手ブレを軽減したり

タイムラプスが撮影できたりと、他にもたくさんの機能がついています。

このトップシェアを誇る商品こそが

DJI社の「オスモモバイル」シリーズなのです。

(DJI社の公式ホームページはこちらになります)

なぜ「オスモモバイル」は人気?

「オスモモバイル」はスマホ用ジンバル(スタビライザー)の中でも

特に人気の高い商品となっています。

その理由を

  • 軽量
  • 優れたデザイン性
  • 多彩なアプリサポート

の3つにわけて、解説したいと思います。

携帯性バツグン

ジンバル(スタビライザー)といえども

スマートフォンで撮影するからには、手軽に撮影したいものです。

初代「オスモモバイル」の頃から、軽さには定評がありましたが

最新型では重量はわずか405gとなります。

これはスマートフォンと変わらないほどです。

また折り畳み式となっており、折りたたんだ際のサイズは

ポケットにも入ってしまいます。

撮りたいタイミングが訪れたら、すぐにポケットから取り出して

まるで映画のように滑らかな映像を撮影できるのです。

優れたデザイン性

スマートフォン用ジンバル(スタビライザー)は

つねに手元に持ちながら撮影するので、見た目も大事だと思います。

DJI社はドローンなどの他商品も含めて

性能美しさを両立したデザインで、多くの支持を受けています。

(DJI社の製品については以前の記事でまとめたので、興味のある方は下記のリンクからどうぞ)

多彩なアプリサポート

ジンバル(スタビライザー)に限った話ではありませんが

DJI社の商品で一番の目玉

多彩なアプリケーションによるサポートです。

もちろん「オスモモバイル」シリーズもその例外ではありません。

専用の「DJI mimo」というアプリを使えば

スマートフォンで撮影した映像を、そのまま編集

好みのSNSや動画サービスでアップロードするところまで

即座に、かつスマホ一台でできてしまいます。

また編集も自由度が高く、トランジションや音楽やテンプレートなど

たくさん用意されています。

動画の編集には高価なカメラやPCが必要という常識を覆し

全てがスマートフォンだけで完結する

夢のようなアイテムなのです。

「オスモモバイル3」の新機能

最新作の「オスモモバイル3」では

たくさんの新機能が追加されました。

  • AIによるトラック機能
  • ジェスチャーシャッター
  • スポーツモード
  • ドリーズーム
  • ハイパーラプス

など、その種類の多さが話題になっています。

より磨かれたクリエイティブ機能

例えば「AIトラック機能」では

ジンバル(スタビライザー)が目標物をAIで認識

勝手に操作し、目標物をカメラで撮影してくれます。

また「ジェスチャーシャッター」では

シャッターを指で押す必要はなくなり、特定のジェスチャーをすることで

撮影が開始、終了します。

他にも素早い動きに対応する「スポーツモード」や映画のような

緩急をつけたズームが可能になる「ドリーズーム」など

これらの新機能の追加によって

ほぼ全てのクリエイティブな撮影がスマホ一台でできるようになった

という印象を受けます。

まとめ

これまで「オスモモバイル」シリーズについて見てきました。

これまでは特別なカメラや機材でしかできなかったことが

本当にスマホ一台でできるような時代になったということが

お分かり頂けたでしょうか?

最新作の「オスモモバイル3」の値段は1万3000円台なので

スマートフォンでお手軽に、かつ映像にこだわりたいという方は

ぜひ下記の商品購入ページをチェックしてみてください。

(Amazonの「オスモモバイル3」購入ページとなります)

つねに進化を続けるスマートフォン用ジンバル(スタビライザー)市場から

これからも目が離せません!

CATEGORY-Gimbal

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。