【ジンバル・スタビライザー】三軸ジンバルについて徹底解説

Gimbal

「三軸ジンバル(スタビライザー)」と呼ばれているカメラ機器があります。

これは映像をより滑らかに、ダイナミックに

映画のような映像を撮影することのできるカメラ機材のことですが

最近はYouTubeインスタグラムの影響で、扱う方が増えてきています。

しかし「三軸ジンバル(スタビライザー)」という名前に

疑問を持っている方も多いようです。

  • 「三軸って何?」
  • 「他にもいくつかの種類のジンバルがあるの?」

本記事ではそれらの疑問に答えるために

「三軸ジンバル(スタビライザー)」について徹底解説いたします。

三軸ジンバル(スタビライザー)とは?

三軸ジンバル(スタビライザー)とは、三つの軸(ポイント)を用いて

カメラ機器を制御することのできる

ジンバル(スタビライザー)のことです。

実際に写真を見てみましょう。

こちらはフェイユーテック社の「G6Max」という商品なのですが

(フェイユーテック社の商品に関しては過去にまとめたのでご覧ください)

よく見ると三つの軸でカメラを支えています。

アーム部分には、それぞれ電子モーターが付いていて

一定のバランスを保つために電子制御してくれます。

これがジンバル(スタビライザー)と呼ばれるものであり

コマーシャルから映画の撮影まで、さまざまな場面で活躍しています。

他にもジンバル(スタビライザー)はある

ジンバル(スタビライザー)は長い歴史を持ち

映画などのプロフェッショナル用のものも存在するので

三軸以外のものも存在します。

上記の写真のものは両手で持つタイプのものです。

しかし民生機に限って言えば、ほぼ全てが

「三軸ジンバル(スタビライザー)」と言い切ってしまって構いません。

またドローンの小型カメラなどに使われるものも

三軸のものがほとんどです。

(ドローンのおすすめの機体については過去の記事にまとめたので、興味のある方はぜひご覧ください)

現在の技術では「三軸」こそが最もポピュラー構造であることがわかります。

三軸ジンバル(スタビライザー)の利点

それでは「三軸ジンバル(スタビライザー)」は

どのような点が優れているのでしょう?

ざっくりと言ってしまうと、その価値は

最小限の支点ポイントで、最大の効果を生むところにあると思います。

三軸のポイントがあれば、360度に近い角度で展開可能です。

二軸のものでは、これは不可能になってしまいます。

またそれでいて、三軸ならば小型化が可能です。

スマートフォン用のジンバル(スタビライザー)としても大人気の

「オスモモバイル」なども三軸のタイプですが

なんと折りたたむことでポケットにも入るようになります。

まさに三軸ジンバル(スタビライザーは

最小で、かつ最も頼りになるベストなチョイスと言えるでしょう。

デメリットは?

他のあらゆることがそうであるように

三軸ジンバル(スタビライザー)にも弱点が存在します。

  • 困難なバランス
  • フロントヘビー問題

の二つです。

これは三軸ジンバル(スタビライザー)を体験したことのある方ならば

誰しも身に覚えがあると思いますが

ジンバル(スタビライザー)はセッティング時に

自力でヤジロベエのようにバランスをとる必要があります。

これが難しい…

また「フロントヘビー」とは、レンズなどの重さでカメラの前方が

アンバランスに重くなってしまう現象で

三軸ジンバル(スタビライザー)だと、後方にアームが存在するため

前方が重いレンズを扱うときは不可能になることがあります。

おすすめの三軸ジンバル(スタビライザー)

最後におすすめの三軸ジンバル(スタビライザー)の商品を紹介します。

どちらも定番の商品ですので

もし迷っていたならば、安定の選択肢だと思います。

Ronin-sc

一眼レフ用のジンバル(スタビライザー)として

おすすめなモデルは「Ronin-sc」です。

ドローンで世界最大のシェアを誇るDJI社の商品となります。

ジンバル(スタビライザー)は「Ronin-sc」の登場によって

たくさんの人が使用するようになったと言っても

過言ではありません。

重量は1.1キログラムと軽量ながら

積載可能なカメラの重量は2キロもあります。

それでいてお値段も4万5千円と手頃です。

他にも強みはたくさんあり

DJI社特有の、徹底的に利便性を追求したテクノロジーデザインと

専用のアプリケーションによる制御は素晴らしいの一言です。

初心者の方の入門機にも

またプロフェッショナルのための機器としても十分に使える性能です。

「Ronin-sc」のアマゾン購入ページはこちらになります。

「Osmo Mobile」

同じくDJI社の看板商品になります。

スマートフォン用のジンバル(スタビライザー)となります。

こちらは特に小型でスリムなのが特徴で

重量がわずか450グラムとなっています。

スマートフォン本体とほとんど変わりません。

もちろんDJI社のアプリケーションも付属していますし

撮影から、編集、またはYouTubeへのアップロードなど

全てをスマホ一台で可能にするならば

「Osmo Mobile」で間違いないと思います。

「Osmo Mobile」のアマゾン購入ページはこちらになります。

Talk VideoのYouTubeをチェックする