Top

AfterEffects(アフターエフェクト)アニメーションの基礎

2021/08/27

モーションブラー

Image from Gyazo

モーションブラーは残像を作り出すことで人の見え方に近くする手法です。

動画の上のテキストにはモーションブラーをかけ、下のテキストはそのまま

にしたものを用意しました。わかりにくいかもしれませんが、上のテキストは

若干ブレが生じていますね。

操作は簡単です。

Image from Gyazo

上のレイヤーと下のレイヤーで分け、上のレイヤーにはモーションブラーの

ボタンをクリックするだけです。アニメーションの質がグッと上がるので

試してみてください。

3Dレイヤー

Image from Gyazo

同じくアニメーションに必須の3Dレイヤーです。

これはひとつの素材をX軸、Y軸、Z軸に分割して動かすことのできる

仕組みです。2次元のみならず3次元にモーショングラフィックスを

制作できるのも魅力ですね。

やり方は先ほどのモーションブラーの近くにある3Dレイヤーを押すと

レイヤーが表示されるのでそれぞれを設定します。

親とリンク

Image from Gyazo

親とリンクはいくつかの素材を連動させたいときに使用します。

今回の例でいうと「SPEED」というテキストと背景のレイヤーの大きさ

を連動させたいときにぐるぐるマークを押しながらテキストのレイヤーに

合わせ親リンクをテキストにしました。

テキストのスケールを変更するとそれに合わせて背景のスケールも

変化します。

CATEGORY-AfterEffects

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。