【Mavic Mini】軽量化された本格的ドローンの力|飛ばせる場所や他製品との比較

Drone

Mavic MiniはdJIが先日発表した200g未満の本格的ドローンです。

その重量もさることながら、驚くべきは安定性とカメラ性能です。

今回はMavic Miniがどこまで洗練された機体なのか解説していきます。

この記事は↓のような方に有益な情報をお伝えします。

 

「Mavic Miniってどんなドローン?」

 

「Mavic Miniの他に200g未満のドローンはなにがあるか知りたい!」

 

【Mavic Mini】軽量化された本格的ドローンの力

Mavic Miniは海外リリースの製品が249gなのに対し、dJIジャパンでは

総重量199gと超軽量化された製品です。

プロ向けのドローンは重量が200g以上になるので市街地では

飛ばすことができず、飛行させるのに気を遣う一面がありますが

Mavic Miniのような200g未満のドローンは航空法に抵触せず

飛行させることができるので比較的扱いやすいドローンです。

Mavic Miniを選ぶ利点

 

199gの軽さで場所を狭めず飛ばすことができ、2.7Kの動画を収録できるため

撮影の幅も格段に広がります。

最大18分間の飛行ができるためバッテリー持ちも比較的心配せずに

持ち運ぶことができます。価格は46,200円から販売。これだけのスペックを

もちながらこの価格帯は革新的といえるでしょう。

Mavic Miniはどこで飛ばしても大丈夫?

航空法では、200g未満のドローンはトイドローン(つまり遊戯用のドローン)

とされるため、200g未満ならば航空法には抵触しません。

しかし、各自治体の条例など細かなルールも存在するため、一概に

あらゆる場所で飛ばせるというわけではないので注意してください。

詳しくは

【ドローン】航空法の全て|ドローン規制を理解するために

に記載しているのでご覧ください。

200g未満のおすすめドローン

Mavic Mini

DJI Mavic Mini [ドローン カメラ付き 小型 ]
created by Rinker

価格 約46,200円
最大飛行時間 18分
カメラ 付属
重量 199g

ハイパフォーマンスのモデルとなると10万円を超えることも珍しくない

ドローンですが

「Mavic mini」は4万6200円からリリースされ

撮影性能は12MPの空撮写真と、2.7KのクアッドHD動画に対応しています。

2.7K動画ということは、多くのドローンに搭載されているフルHD動画よりも

美しく、ダイナミックな映像を収めることが可能です。

機体重量は200g以下と、スマートフォンと変わらない重さです。

Tello

価格 約12,980円
最大飛行時間 約13分
カメラ 付属
重量 80g

トイドローン以外にもプロ向けのドローンで知られるdji社が販売する

「Tello」。

値段は1万円を超えますが、その分高画質のカメラやしっかりサポートされた

アプリなど、安心して使用することができるトイドローンのひとつです。

屋外でも使用することができます。

Holy Stone HS370

Holy Stone HS370
created by Rinker

価格 約7,599円
最大飛行時間 約22分
カメラ 付属
重量 46g

約8,000円の価格帯でカメラ付きのドローンです。

最大飛行時間も長いことからさまざまな楽しみ方ができる

コスパがいい商品です。

DRESSA

価格 約5,517円
最大飛行時間 8-9分
カメラ
重量 32g

飛行に加え、外装部分を着脱することができるのが大きな特徴です。

「操縦にすぐ飽きてしまうのでは?」を不安があっても、Dressaは

違うポイントで楽しめるので問題ありません!

Talk VideoのYouTubeをチェックする