【徹底解説】ダイナミックマイクとコンデンサマイクの違い

Microphone

ダイナミックマイクとコンデンサマイクの違い

音響機材であるマイクには大きく分けて2つの種類があります。

ダイナミックマイクとコンデンサマイク、それぞれの特徴や

使用する場面を徹底解説!

まずは基礎を理解して、自分に合ったマイクを選びましょう。

ダイナミックマイク

アーティストが手にとって話す際に用いられているのが主にこの

ダイナミックマイクです。高音の感度が比較的低いため

コンデンサマイクと比べると集音性能は劣りますが、電源に

つなぐ必要がなく、頑丈で耐久性も

あるためライブなどのハードな場面で多く用いられます。

安価に手に入れられるものもあるためコスパがいいのも特徴です。

コンデンサマイク

固定して使用するコンデンサマイクは高音領域もしっかり拾ってくれる

ため集音性能に特化しています。ただし、電源につなげる必要が

あり可動性にデメリットがあるでしょう。

ダイナミックマイクと比べると高価で、注意を払って使用することが

求められ、主にレコーディングなどで用いられます。

マイクの種類と特徴まとめ

ダイナミックマイクとコンデンサマイク|仕組みの違い

マイクは音(空気)の波を拾って電気信号に変換し、その電気信号を再び

音として放出するという原理です。

この「音を電気信号に変換する」というプロセスがダイナミックマイクと

コンデンサマイクでは異なっています。

ダイナミックマイクが音の振動を「電気信号」に変換するのに対し、

コンデンサマイクは音の振動を「電圧の変化」に変換します。

専門的な内容なので詳細は省きますが、この仕組みから

コンデンサマイクには電源が必要だとわかります。

電圧の変化を感知するためには電気が必要→電源が必須ということです。


Talk VideoのYouTubeをチェックする