【重要】マイクの指向性でおさえるポイント|徹底解説

Microphone

マイクにはさまざまな種類や特徴があります。

その中でも指向性は用途に応じて使い分けなければいけない重要なポイント。

今回は指向性とはなにか、どんな種類があるのかを徹底解説します!

マイクの指向性でおさえるポイント

マイクの指向性とはマイクがどこから、どのくらい音を収音できるかの

指標です。

指向性を理解するのにおさえておきたいポイントは2つ

・指向性の種類

・各指向性に向いている使用シーン

です。

指向性の種類

マイクの指向性には大きく分けて

・無指向性

・単一指向性

・双指向性

の3つがあります。

無指向性

無指向性は全ての方向から均一に収音する特性があります。球体のように

全方向に感度をもつため、図のように円形のイメージです。均等に音を拾う

ためノイズが入りやすい傾向にあります。

 

単一指向性

単一指向性はその名の通り、一方向からの収音にすぐれ、図のようなイメージ

になります。ライブ配信で行うようなマイクに活用されます。

 

双指向性

前後の収音に優れ、側面からの感度に乏しいのが双指向性の特徴です。

向かい合っての演奏や会話に活用されます。

指向性の特徴と使用シーンまとめ

それぞれの特徴や使用シーンがわかれば、それに応じたマイクを

選択するだけです。

 

特徴

使用シーン

無指向性

 

・全方向から均一に収音する

・ノイズが入りやすい

 

会議など
単一指向性

 

・一方向からの収音に優れる

・ノイズが起こりにくい

 

ライブ配信など
双指向性

 

・前後の音を拾う

 

対面演奏など

 

マイクの種類

指向性はマイクの特徴のひとつですが、マイク自体にも種類があります。

ダイナミックマイクやコンデンサマイクといった大きな分類も

マイクを選択する上では重要。

詳しくは【解説】マイクの種類 | 使い分けと商品の選び方

をご覧ください。


Talk VideoのYouTubeをチェックする