【2021最新】動画編集を始める人が読むべきおすすめの本|目的別に解説

びでお

いまから動画編集する人にとって【効率的に】【全て網羅されている】教材は魅力的ですよね。

オンライン教材以外にも参考書からスキルを得る人も少なくありません。

 

この記事を書いている僕は動画編集歴6年で、フリーランスとして活動しています。

本を選ぶ上で重要なポイントを切り取って解説します。

動画編集を始める人が読むべき本とは

動画編集を始める人が読むべき本とは

まず最初に、これから動画編集を始めたい!という方の目的ってそれぞれ違いますよね。

自分は撮影しないけど、依頼されて編集だけする!

撮影から編集まで一気通貫してやりたい!

撮影や編集を自分でするわけではないけど、流れをおさえておきたい!

など。

そもそも編集者としてプレイヤーで活躍していきたいのか、ディレクションをするだけなのかといったスタンスごとにニーズも変わると思うので、自分にあった書籍がわかりやすくなるよう、目的編集ソフト別に良書となるものを紹介していきます。

【目的別】動画編集に関わる人が読むべきおすすめ本

【目的別】動画編集に関わる人が読むべきおすすめ本

 

自分で編集をするわけではないけど周辺知識をおさえて指示出しができるようになりたい」といったニーズは増えています。

例えば企業の外注担当者や編集チームの監督責任者が該当しますね。

こうした方が参考書籍に対して求める知識やノウハウをまとめると以下のようになります。

  • ディレクション(監督)をする上で動画制作の大まかな流れをつかむ
  • 具体的な目標を達成する上でマーケティングノウハウを習得する

それぞれ深堀りしていきます。

動画ディレクション(監督)を任されるようになった方向けの本

動画制作は編集以外にも【企画・構成】→【撮影】という流れがあり、そこに動画の目的やキャスティング、目標設定などの細かな項目を決める全体監督が必要になってきます。

全体の流れを把握した上でそれぞれの過程でどういったポイントをおさえておくべきなのかを知っておくべきポジションになります。

撮影や編集など各セクションに応じて流れや考え方を説明してくれている総合書籍です。

急に任された動画部門で方針もなにもわからない方にもとっつきやすい本かと思います。

一見マーケティング本に見られがちですが実は動画制作の流れと各ポイントをしっかり示してくれているのでディレクションについてはこの一冊で十分です。

チャンネルを伸ばしたい!動画編集以外にマーケティングもこなす人向けの本

動画制作の目的は商品などのプロモーションやポートフォリオなどあるわけですが、大きくまとめると【人に見てもらって、魅力を伝える】です。

どうしたら多くの人に見てもらえるのか?

この動画の魅力を伝えるには何を工夫すべきか?

といったマーケティング要素も絡んできます。

YouTubeなどSNSアカウントを自分で撮影→編集して育てたい方はマーケティング要素も理解していないと戦略を立てられないですよね。

この本がすべて、というわけでは決してありませんが、エッセンスを書いてくれているので

読んで見る→実践する→失敗する

というサイクルを回していくと自分のスタイルが確立していくかと思います。

 

≫【必見】動画編集で稼ぐことを決心したら覚えておきたいこと

動画編集者が読むべきソフト別おすすめ本

【目的別】動画編集者が読むべきソフト別おすすめ本

まず結論として以下のポイントをおさえている書籍を選んでいます。

・ページ数が少ない

・ステップごとに学ぶ実践式

・各セクションのわかりやすさ

です。

学生の時に参考書を購入した時を思い出すと、分厚い書籍に満足してしまい結局手をつけず、やる気をなくすという負のスパイラルに陥ったりしました。

まずは、厚くなくていいので自分が短期間で1冊完全理解できそうな本を使いましょう

辞書のような参考書もありますが、ステップごとにレベルをあげられるタイプが理解しやすいです。もちろん、わかりやすいイラストや写真もあるといいですね。

 

Premiere Proを使用している方向けの本

Premiereを学ぶ人におすすめする本は以下の2冊です。

プロが教える!Premiere Proデジタル映像編集講座
created by Rinker

実践形式で徐々に力がついているのがわかる良書ですね。

Premiereにアニメーションを追加する際に使うadobe AfterEffectについて学びたい方は

AfterEffectsを学ぶなら絶対読むべき本をご覧ください。

iMovieを使用している方向けの本

やっぱり最初はどうしても無料ソフトから始めたい、という方にはiMovieがおすすめです。macのデフォルトソフトですが、テロップやカットなど基本的な操作は可能なので、一定のレベルで編集できます。

created by Rinker
¥1,958 (2021/08/04 04:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

iPhoneを使用した編集方法など、初心者の方でも場所を選ばず簡単に編集スキルを学ぶことができます。

 

【おまけ】動画編集ソフトは何を選ぶ?

動画編集ソフトの中で圧倒的におすすめしているのはadobe Premiere Pro です。

動画編集者さんの6,7割はPremiereを使っている印象。それくらいメジャーソフトです。

月額料金がかかってしまうため、初心者の方は無料のソフトがいいのでは?という話もあったりしますが、この点についても私は真反対の意見で、初心者の人ほどコストをかけるべきと思っています。

一朝一夕でスキルが手に入るわけではなく、ソフトと向き合う時間がある程度必要になるため、モチベーションや本当のスキル獲得には投資も必要と考えているからです。その補助として、そばに本を置きながら進めるのが近道です。

ただし、前述したように動画編集者として学びたい、という方もいれば、ディレクションをしたりプライベートで触るような方であればそこまで専門的にやらなくてもいいかもしれません。

Mac PCであればiMovieのようなデフォルトアプリがあるので割と簡単に習得もできますね。

終わりに

本はあくまで自分のスキルを上げるための道具でしかないのであとは実践あるのみですね。

読んでいて挫折することもあるかと思いますが、挫折してもOKです。

ふと思い出したときにやり直しましょう。

 

ではまた。

 

【厳選】動画編集スキルを身につけられるおすすめスクール5選|本質的な講座の選び方
動画編集を必要とするメディアが増える中、動画編集者の需要も高まってきています。動画編集を学ぼうと決心した方も現在では多くのプラットフォームで講座を受講することができるため、どれを選べばいいかわかりにくい・・・と感じてしまうことが多いと思います。「自分に合った講座選べる?」といった点に焦点を当てていきます。

Talk VideoのYouTubeをチェックする