Top

【2021年】Googleフォトの使い方|新プランはどうなる?

2021/03/11

 

 

今まで容量無制限で利用することができていたGoogleフォトですが、2021年6月移行に有料化が決定しました。

涙した人が多いのではないでしょうか。

 

僕もその一人です。

無制限容量というのは現代の写真・動画世界においては切っても切り離せない重要な存在でしたものね。

ただし、諦めるのはまだ早いですよ。

 

これからフォトストレージサービスを使いたい人も十分Googleフォトは選択肢に入ってきます。

今回は2021年6月移行にどういったプラン変更があるのかを中心にGoogleフォトの魅力と基本的な使い方について紹介します!

 

Googleフォトの基礎知識

Googleフォトとはその名の通りGoogleが提供するサービスのひとつで主に写真や動画をバックアップができます。

Googleアカウントさえ持っていれば誰でも利用できるのでデバイスの種類を問わず愛されてきたサービスでした。

しかも、無制限。

 

写真愛好家はこぞってこのサービスを使ってきたでしょう。

 

ただ、写真や動画はそのままの品質を維持してアップロードができるわけではなく、写真であれば16MP(1600万画素)以上のものがそれ以下に圧縮されて保存されます。

「え、それってどうなの?」と思うかもしれませんが16MPというのはスマホで見ている分にはまったくわからないレベルなので十分というのが大筋の意見かと思います。

 

ただし、この無制限容量のプランがとうとう2021年6月で終わりを迎えます。

新プランは以下の通り。

 

Googleフォトのみならず、他のGoogleサービスと合わせて15GBまでの容量が無料で利用することができ、それ以上になると課金が必要です。

つまり、スプレッドシートやドキュメント等も対象になるということで、完全にGoogleドライブやGoogle Mailと一元的になるイメージですね。

すでにアップロードしていた写真はどうなる?

2021年6月までにアップロードしていた写真や動画は容量消費の対象外とのことでした!

これは嬉しいですね。(それまでにアップロードできるものはしておかないと)

 

ただし、GoogleドライブやGmail、Googleフォトのサービスをそれぞれ2年以上使用しなかった場合はデータが削除される仕様になったので注意です。(もちろん警告メール等で通知がありますが)

Googleフォトの簡単な使い方

Googleフォトの使い方はいたって簡単です。

 

ただし、スマホデバイスの残容量が気になる方はそもそも容量の削減のためにサービスを使っているかと思います。

バックアップが完了したあとにその写真をデバイスから削除しなければいつまでも容量は削減できないですよね。

 

安全にバックアップをとったファイルを自動で削除する機能も備わっています。

 

操作方法

Googleフォトをインストールしたら、自動的にバックアップが開始します。

ここで最初の注意ポイント!

☑wi-fiを利用できないときはモバイル通信データを利用する、の設定ははずしましょう

 

バックアップにはかなりのデータ容量が必要となるため必ずwi-fi環境下にしています。

バックアップが完了したら、アプリのアカウントマークを押して「空き容量を増やす」を押します。

許可を求められるので削除を実行してください。

 

写真アプリのなかで「最近削除した項目」を見ると先程削除した写真が残っているのですべて削除すれば完了です!

 

あとから写真はGoogleフォトからダウンロードできるので安心です◯

CATEGORY-Data

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。