【2021最新】iCloudの使い方|他のクラウドサービスとの違い

Data

クラウドサービスのiCloudはデバイス内ではなくネット上にデータを保存しておくことで

いつでも、どこでもデータを読み書きすることができます。

他のクラウドサービスとの違いを解説します!

 

iCloudとは

cloudは「雲」とも訳されますが、インターネット上にデータを送ったり、取得したりっていうやりとり(目に見えない)を雲に

例えています。

そのデータのやり取りには主に2種類あって

☑同期

☑バックアップ

です。

 

同期はひとつのデバイスで扱っているデータを他のデバイスに同じ内容を反映させるもので、最新の状態を保ちます。

バックアップは万が一デバイスになにかあったときに、バックアップしていたデータを取得して再現するためにあります。

iCloudの使い方

iCloudはiPhoneやMacBookなどのApple製品で使用するクラウドツールです。

 

iPhoneでiCloudを設定する方法は以下です。

設定を開く

Apple IDを選択

「iCloud」 or 「探す」を選択する

適用したいアプリをオン

 

Mac PCでiCloudを設定する方法は以下です。

システム設定

Apple ID

iCloud

適用したいアプリに☑

 

iCloudを利用する際の注意|他のクラウドツールとの比較

ここでiCloudを利用しているときによく起こる誤解で、

「ひとつのデバイスでデータがなくなっても他のデバイスであるからいいや!」

というものがあります。

これはバックアップと同期を混同していることで起こるのですが、Amazon Photosのようなクラウドフォトストレージ

の場合、なにかのデバイスでデータを削除してもバックアップされている限りデータは残り続けます。

【AmazonPhotos】写真のクラウド管理におすすめ|使い方と注意点
Googleフォトが2021年から有料化になることをうけて、いよいよクラウド管理を無料・無制限にできるサービスがなくなってきました。最後の砦となるamazonphotosの機能と本当に使っていけるのか、という点についてまとめています!

 

ですが、iCloudの場合は同期、つまりすべてのデバイスにおいて違いをなくすことが目的なため、ひとつのデバイスで

データを削除してしまうと、他のデバイスでもそのデータは削除されます。

 

もし、他のデバイスに反映されたくない場合はその端末でiCloudの設定をオフにしましょう。

使い道は2種類

iCloudを利用することで

☑他のデバイス間で効率的な作業ができる

☑バックアップ

のメリットがあります。

さらに詳細な使い道は以下の2点です。

位置を確認する

iPhoneを探すONにすることで、仮にiPhoneが見つからなかった場合でも、他のApple製品が近くにあればAppleIDからどこにiPhoneがあるか見つけることができます。(僕はこれで命を3回救われました)

いざというときのために設定しておくことをおすすめします。

データを保存する

iCloudを選択します。

 

次に写真を選択してください。

iCloud写真をオンにすると写真にある画像がiCloud上に行く仕組みになっています(同期)。

iCloudを設定している他のPCやiPadにもクラウドからデータを取り出すことができるので便利ですね。

Googleフォトなどのフォトクラウドストレージサービスとの一番の違いは写真だけでなく

他のアプリ(連絡先とか)も同じ仕組みでバックアップを取れるということです。

これができることで、スマホを紛失した一大事にも連絡先やメモ、アプリの設定等はそのままで

新しいスマホに移植することができるので安心できます。

 

下にあるマイフォトストリームにアップロードをONにすると30日間だけクラウドに保存されます。

30日を過ぎるとそれ以降は削除されていきますが、iCloudの保存容量は消費しないので保険として考えておきましょう。

共有アルバムはLINEなどと同じように他の人と写真を共有できます

(ただし、Androidのスマホには共有できません)

 

バックアップの容量

自分のデバイスのデータサイズがiCloudのバックアップ容量を超えている場合はバックアップできないためサブスクリプションすることで毎月購入します。

ちなみに僕は50GBのプランに入っています。

ストレージの管理

どの項目でどれくらいバックアップを使用しているかがわかるので、使いすぎだなと思う人はデータ容量が大きいアプリや使っていないアプリのバックアップはOFFにするといいかもしれませんね!


Talk VideoのYouTubeをチェックする