【2021】クラウド管理のまとめ術|おすすめサービスを比較

Data

「クラウドサービス」っていろいろあるけど何がいいのかわからないといった方にどのクラウドサービスが向いているのかを考えてみました

 

クラウド管理サービスはそのデータ容量や利便性から現在ではかなりメジャーとなっているデータ管理方法です。

自分のデバイス上に保存しておく必要がない分、容量の節約や他端末からの読み込みにおいて、プライベート、ビジネス問わず必須の役割を持っています。

 

今回は人気のクラウドツールの特徴と選び方をまとめて紹介します!

 

クラウドツールの選び方

クラウド管理の目的はさまざまです。

①データのバックアップ

②他端末での読み書き

③写真や動画などのファイルサイズが大きいデータの容量削減

 

また、クラウドに入れることのできる容量にもサービスごとにプランが存在するので自分が使っている容量と料金の費用対効果もひとつの判断材料かなと思います。

 

写真を保存したい人におすすめのクラウドツール

Amazon Photos

あまり認知はされていない印象のAmazon Photos。

ご存知amazonが提供しているフォトストレージクラウドツールです。

プライム会員の場合は無料で使用できるので、他のプライムサービスと共に月額500円で利用できるイチオシのツールですね。

僕のようなカメラマンにとっては容量の大きい写真(RAWデータ)なども保存できるため欠かせません。

他端末への反映操作もスムーズなので困ることはほとんどないです。

Googleフォトと比べると若干AIによる人の認識があまい部分がありますが気にならないですね。

【AmazonPhotos】写真のクラウド管理におすすめ|使い方と注意点
Googleフォトが2021年から有料化になることをうけて、いよいよクラウド管理を無料・無制限にできるサービスがなくなってきました。最後の砦となるamazonphotosの機能と本当に使っていけるのか、という点についてまとめています!

 

Googleフォト

お次にGoogleが提供するGoogleフォト。

こちらは2021年6月から有料化が決まっており、それがなければフォトクラウドツールとしてはダントツで使っていたツールです。

6月までにアップロードしたデータは保存容量を消費しないそうですが、それでも15GBはすぐに使ってしまいそう。

 

【2021年】Googleフォトの使い方|新プランはどうなる?
2021年に有料化になることが決まったGoogleフォト。ですが、今から使い始めたい人も十分に利用する価値があるサービスです!これから使用する人が迷わないための基礎的な使い方を解説します!

 

iCloud

Appleユーザー向けのバックアップに使えるクラウドツールといえばiCloud。

もちろんデータの読み書きとして他端末で取り扱えるのもひとつですが、僕はバックアップとしてiPhoneのアプリデータを守るために使っています。

特に動画などはプラン内の容量でもいくつも保存しておくことが困難なため、仕事や写真、アプリの履歴等を中心になるよう整理するのがポイントですね。

 

【2021最新】iCloudの使い方|他のクラウドサービスとの違い
クラウドサービスのiCloudはデバイス内ではなくネット上にデータを保存しておくこといでいつでも、どこでもデータを読み書きすることができます。他のGoogleフォト等の違いを解説します!

 

GoogleDrive

写真や書類問わず全般的に仕事で利用しているのがGoogleDriveです。

File Streamを使用すれば手軽に書類整理が可能ですし、仕事相手に共有もしやすいので愛用しています。

 

【愛用】GoogleDrive(グーグルドライブ)の使い方と安全性
僕がもっとも利用しているクラウドサービスの定番、GoogleDrive(グーグルドライブ)について使い方を紹介します! 自分のファイルが見られるかもしれないなんて怖い!と考えている方もいるかもしれませんが、その安全性の根拠も合わせて解説します。

 

 

それぞれの特徴を参考にしてご自身のデータ管理に役立たせてください!

Talk VideoのYouTubeをチェックする