【動画編集者】スキルの成長が実感できない|対処方法を解説します

Column

【動画編集者】スキルの成長が実感できない

こんにちは、けんたです。

 

今日はクリエイターの中で悩んでいる方も多い「スキルアップ」に関して話していきたいと思います。

 

↓に当てはなまる悩みを持っている方は読んでみてください。

 

自分がクリエイターになった当初と比べて成長速度が遅い

普段の業務は作業にしか感じなく、処理している感覚に近い

 

では対処法を考えてみましょう。

 

【動画編集者】スキルの成長が実感できない場合の対処法

成長のベクトルがどこにあるのかを考える

この記事を見ていただいている方はさまざまな業務をされていると思うので仮に動画編集者とペルソナと設定します。

ちなみに僕も動画編集やカメラマンを生業にしているので的外れな見解ではないと思っています。

 

フリーでやりはじめた当初はそれこそ案件ベースで生計を立てており、成長はしていた実感がありましたが徐々にそれも薄くなっていきました。

なので結論、

スキルの成長実感がわかないと悩んでいる人はそもそも「成長してなにを実現したいのか」を考えることが重要だと思います。

 

これは簡単なことで、ゴールがないといろいろな方向にいって効率が悪いですよね。

 

成長している実感がないから不安なんだけど、そもそも「成長した先」を定義してあげないといつまでたっても成長を実感することはできないわけです。

 

成長した先になにがあるか

では、動画編集者にとって「成長した先」にはどういったものがあるのでしょうか。

 

・Premiere Proしか使えなかったがAfterEffectsも習得する

・動画編集者として会社Aに入社する

・TVCMの案件を受注する

 

どれも立派な目標だと思います。

 

ただし、ベクトルの方向がそれぞれ異なります。

例えば、AfterEffectsを習得する、というのは完全にスキルベースの話なのに対し、ある会社に入社するのは自分のステータスベースの話ですよね。

このようにスキルベースで成長実感を得たいのか、自分のステータスを上げたいのかによって話の解像度が大きく変わってくるのです。

前者であれば、スクールに通ったり、独学しようねという話になるかもしれないし、後者であればポートフォリオを決めて自分で制作をしよう、となるかもしれません。

 

具体的な対処方法

成長した先の目的を決めたら、それがスキルベースでもステータスベースでも自分でお題を設定してしまうことをおすすめします。

「〇〇の案件が来た場合」のように仮に設定することで臨場感がでて、より成長速度が上がります。

 

そもそも課題を自分で見つけることは難しいので、具体的に自分でつくるものを決めてから実践を繰り返すことで

効率的に壁を作ることができるのでPDCAを回しやすい環境にすることができます。

 

いかがでしたか。

 

僕も最初は空回りすることが多かったのですが、上記を意識したら頭の中がクリアになって自立的に日々成長を実感することができています。

 

ではまた。

Talk VideoのYouTubeをチェックする