動画編集を学ぶために必要な費用の相場

Editing

初期費用がけっこうかかります。

動画編集は慣れれば比較的だれでもできるようになる一方で、初期投資が大きい業態のひとつです。

その他にも動画編集を学ぶコストがかかりますが、相場としてどれくらい費用がかかるか解説していきたいと思います。

 

動画編集を学ぶために必要な費用の相場

動画編集を学ぶのに必要なコストは主に以下が挙げられます。

 

①編集機材費

②編集ソフト費

③教材費

④素材費

 

この4つです。

①〜③までは必須かと思います。

動画編集を学ぶために必要な費用の相場|各論

編集機材費

編集機材で必要なものはPCですね。

逆にPCさえあればとりあえず始めることはできます。

価格はピンきりですが、それなりのスペックがあるもので20〜25万円想定です。

 

編集ソフト費

編集ソフトh無料のものと有料のものが存在します。

ここでもどのソフトを選ぶかによりますが、僕も使っているPremiere Pro(adobe)であれば

月額単体で約2000円ほどとなっています。

教材費

教材費はすでにさまざまなプラットフォームで出されており、

選択肢が多いです。

・YouTube

・参考書

・スクール

・オンライン教材

 

YouTubeであれば無料で学べる代わりに一貫して情報を得にくいのでわからない部分があったら調べるなど工夫が必要な一方で、

参考書やスクールは自分のペースで学ぶことができるのがメリットです。

参考書は高くても約4000円。スクールであればトータル5万〜30万ほどと幅があります。

udemyなどのオンライン教材も充実しているのでそちらは動画で学ぶことができ値段も2000円〜10000円ほどとなっています。

 

素材費

素材としてBGMや映像素材をサブスクリプションとして取得できるサービスもあります。

ここではMotionArrayとEpidemic Soundを同時に使用している場合の換算として、

トータル月額約5000円となります。

 

動画編集は初期費用が大きい

動画編集の場合環境さえ構築してしまえばあとはサブスクリプション費用も少ないので

続けやすいでしょう。

ただし、PCやソフトなどハイスペックをいちから揃える場合はやはりコストもかさむのでその点だけ

注意です。

 

 

Talk VideoのYouTubeをチェックする