Top

自分自身との会話を動画にする方法

2021/08/27

自分自身との会話を動画にする方法

カメラのアングルを固定し、自分で2役を演じれば、うまく編集して自分自身と会話しているように見せることができます。

コツさえ掴んでしまえば難しいことはないですが、ポイントがいくつかあるので確認しましょう。

編集のポイント

結論から、この動画が最終的にどのような編集をしているのかというと、

同じアングルから撮影した2パターンの動画を重ね、一方にマスクをかけることで成立しています。

2人の間が境界になるようにマスクをかければ自然につなぎ合わせられるイメージです。

■LカットとJカット

編集時に音声のトランジション「Lカット」と「Jカット」を用いることでよりリアルな演出をすることができます。

LカットやJカットは前のクリップの会話に後者の会話が横入りしてきたり、後者の会話に前者の会話が食い込むことです。

会話のポイント

一人二役なので同時に話ができるわけではありません。

なので片方を演じているときは相手が何を言っているのか想像するしかできません。

まずは台本を作って内容を固めておくのが一番ですね。

また、最初に演じた会話を録音しておくことで後者が聴きながら話すこともできます。

■話している方向を合わせよう

基礎的ですが、話している方向がバラバラだったり、目線が合っていないと、編集されている感がバレてしまうので注意です。

CATEGORY-Premiere Pro

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。