【AfterEffects】キラキラ光るエフェクト|Particle world

AfterEffects

 

キラキラってどうやって出すの!?

【AfterEffects】キラキラしたエフェクトを作ってみよう

 

Image from Gyazo

今回はAfterEffectsに搭載されている「Particle world」というエフェクトを使って↑のようなキラキラした星が軌道に沿って

描かれていく表現を作ってみたいと思います。

 

【AfterEffects】キラキラしたエフェクトの作り方

①平面レイヤーを作成

Particle wordを適用するために平面レイヤーを予め作っておきます。

 

②Particle worldを適用

エフェクト>cc Particle worldを平面レイヤーに適用しましょう。

 

 ←※今回はこういった設定で進めたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ヌルオブジェクトとの連動

ここまでできたら新規>ヌルオブジェクトを作成します。

 

流れとしてはこのヌルオブジェクトの「位置」とParticle worldの「Producer」位置を連動させていきます。

Prticle worldのProducerでX、Yそれぞれoption(alt)を押しながら渦巻きマークをクリックします。

これでエクスプレッション(コード制御)を加えることができました。

【Position X】
(thisComp.layer(“参照レイヤー名”).position[0]-thisComp.width/2)/thisComp.width

【Position Y】
(thisComp.layer(“参照レイヤー名”).position[1]-thisComp.height/2)/thisComp.width

ここで上記のコードをそれぞれ入力します。

 

④マスクパスで軌道を作成

ヌルオブジェクトを選択した状態でペンツールを使い軌道を描きます。

その後マスクのプルダウンを開き、マスクパスを選んだ状態で編集>カットしましょう。

 

あとはヌルオブジェクトの位置を選択した状態でペーストをしてあげると、軌道パスがそのまま反映されて完成です!

 

Talk VideoのYouTubeをチェックする