Top

【AfterEffects】スライドショーの簡単な作り方

2021/03/31

プラグインなんかなくても誰でもスライドショーが作れる!

Image from Gyazo

【AfterEffects】スライドショーの簡単な作り方

AfterEffectsを使えば誰でも簡単にスライドショーを作成することができます。

アニメーションの種類はいくつかありますが、基本的な操作方法をマスターして

いつでも作れるようにしていきましょう!

【AfterEffects】スライドショーの準備

写真素材を用意する

まずはスライドショーに仕様する写真素材を用意してください。

お好きな枚数で大丈夫です。

 

AfterEffectsに写真素材を読み込む

AfterEffectsに新規でコンポジションを作成し、写真素材を読み込みます。

【AfterEffects】スライドショーを作ってみよう

画像を読み込みタイムラインシーケンスに並べ、↑の状態からスタートします。

 

アニメーションを加える

Image from Gyazo

まずは1つ目の素材に対しアニメーションを加えていきます。

今回はだんだんズームされるアニメーションを付けていくので

「スケール」から0秒とだいたい3秒後くらいにキーフレームを打ち込み、徐々に大きくなるよう調節します。

 

アニメーションができたら、1つ目の素材(スケール)選択している状態でCommand+Cでコピーをし、

他の素材を全て選択してからペーストすれば他の素材も同様のアニメーションが付けられます。

 

 

レイヤーを整列する

レイヤーをずらしてそれぞれディゾルブをかけますが、

各レイヤーを短くしたいので

4秒後あたりで再生ヘッドを合わし、

option+]で全てのレイヤーを4秒でカットします。

 

 

ここまでできたら全ての素材を選択し、メニューバーから

アニメーション>キーフレーム補助>シーケンスレイヤー

と進んでください。

 

 

オーバーラップにチェックを入れてデュレーションをだいたい15フレーム、トランジションを

「前面レイヤーをディゾルブ」に設定してOKです。

 

これで前のシーケンスの終わりから15フレーム分ディゾルブがかかった状態で整列されます。

 

これで完成です!

CATEGORY-AfterEffects

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。