Top

安眠に役立つアロマオイル(精油)まとめ

2021/06/21

生活のリズムが崩れたり、環境が変わったりと一時的にでも眠りにつけなくなりがちですよね。

薬を使わずに安眠できれば最高といつも考えてます。

▼記事の内容

  • 1.安眠に役立つアロマオイル(精油)まとめ
  • 2.なぜ睡眠にアロマオイルなのか
  • 3.ここは注意しておきたいポイント
  • 4.手軽にアロマオイルを使う方法

僕は薬剤師として6年目です。

精油における医学的文献によってまとめています。

 

安眠に役立つアロマオイル(精油)まとめ

以下が主に安眠に役立つアロマオイルです。

  • ラベンダー
  • プチグレン
  • マンダリン
  • ネロリ
  • イランイラン
  • ゼラニウム

 

柑橘系の香りが多いですね。

なぜ睡眠にアロマオイルなのか

日本では医療として認可されていませんが、フランスでは精油も立派な医療ですね。脳に働きかける精油が睡眠にも作用するでしょう。

大脳辺縁系や視床下部など脳に直接働きかけリラックスに役立ちます。

睡眠のログを取っていますが、精油を使用前後で比較すると睡眠の質が向上していました。

「匂いを嗅ぐだけで本当に効果あるの・・・?」と思われる方もいらっしゃると思います。

一度試してみて相性がよければ続ければいいでしょう。

 

ここは注意しておきたいポイント

繰り返しですが精油(エッセンシャルオイル)は医薬品として認可されていないだけでなく、その品質はさまざまです。
まずは試してみるくらいがおすすめです。

≫【注意】アロマオイル(精油)に医療効果があるとは言えない理由

 

手軽にアロマオイルを使う方法

アロマストーンやディフューザーを使うのもひとつですが、最初はティッシュに垂らしてベットの近くに置いておくのがおすすめです。
理由としてはディフューザーだと置く場所によって香りを感じにくかったり、スペースが必要だからです。ティッシュは近くにおいていても気にならないですよ。

 

まとめ

以上がアロマオイルを安眠に役立てる方法でした。

正直短期間では実感が薄いかと思います。気持ちを楽にして長い目で続けていけばOKです。

 

 

 

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。