Top

【必見】動画編集のバイトを探している人が在宅ワークを実現する方法

2021/07/09

動画編集のアルバイトを探しているけど、どうすれば自分にあった求人を探し当てることができるのかわからない・・・。

僕も実際にそういった状況に陥っていました。

まず求人自体を見てもハイレベルを求められている気がするし、「初心者歓迎!」と書かれていても低単価すぎて割に合わない、といった二極化状態です。

結論ですが、いきなり企業のバイトを探そうとしてもたぶん自分にあった条件が見つけられないと思います

なぜなら一般的な求人サイトを見ても、「これは自分には難しい・・・」と思ってしまうからですね。企業もボーダーラインを上げるために結構スキルを要求してきます。

 

▼記事の内容

  • 1.【必見】動画編集のバイトを探している人が在宅ワークを実現する方法
  • 2.動画編集のバイトはまず単発から|1ヶ月で可能です
  • 3.まとめ

 

この記事を書いている僕は動画編集歴5年。フリーランスとして映像制作をしています。

どうすれば動画編集でバイトができる?

動画編集を在宅ワークとする場合に必要なスキルは?

といった疑問に答えます。

 

【必見】動画編集のバイトを探している人が在宅ワークを実現する方法

まずは動画編集のバイトといっても求人形態はさまざまなのでこの記事では

「動画編集の在宅ワーク」で「ある程度安定した収益」を得ること、を目的に話しを進めていきます。

早速手順を見ていきましょう。

 

  • その① 必要なスキルを習得する
  • その② ランサーズ or クラウドワークスで10本案件をこなす
  • その③ 素材サイトに登録する
  • その④ 少し上のレベルの動画をマネする
  • その⑤ 実績を公開する

 

一定のスキルが求められない事務のアルバイトなどと違い、動画編集はある程度知識と実績がないと案件もとることができません。

安定した収益を得るには長期契約を結ぶ必要があるわけですが、単発の案件さえ獲得することができなければ長期契約はできませんよね

①〜④で単発の案件を獲得する→⑤で長期契約に結びつけるイメージです。

すでに①〜④をマスターしている方は⑤まで読み飛ばしてOKです。

 

その① 必要なスキルを習得する

動画編集で必要なスキルとはなんでしょうか。

ここもすでに体系化されているのでまとめると以下のような感じです。

すでに↑をクリアしている、という方は読み飛ばしていただいて大丈夫です。

ただし、少しでも不安があるという方はリンク先を参考にしていただいたり、ネットやYouTubeでやり方は公開されているので調べてみましょう。

その② ランサーズ or クラウドワークスで10本案件をこなす

クラウドソーシングサイトでまずは10本案件を獲得します。

え!?まだ仕事したことないしできないよ・・・」と思う方も大丈夫です。

正直みんな最初は初心者なので簡単な案件をこなして自信を付ける必要があります。

ここで注意しておくべきことは「単価は絶対に気にしない」です。

よくある間違いに「単価が良いもののほうがモチベーションがつくから積極的に応募しよう!」というものがあります。間違っていませんが、単価が高い=競争が激しいので他の強者と競合しなければいけなくなり地獄です。

しんどいかもしれませんが予算が限られていて安価重視の案件はいくつもあるので最初の10本は経験値を高めるためにそちらを積極的に応募しましょう。

その③ 素材サイトに登録する

10本の案件をこなしたらここらへんであることに気づきます。

テンプレートがあったらすごい楽」ということですね。

テンプレートとはアニメーションやBGM、効果音など著作権フリーで使用でき、すでにある程度完成している素材のことです。

そこで素材サイトに登録しておくことでいつでも欲しい素材が手に入ります。

https://start-meet.club/columns/2019/12/1163/

「最初から登録しておけばよかったのでは?」と思うかもしれません。

それもありですが、できれば最初は自分の手でアニメーションなどの構造を確かめながら進めたほうが成長するので僕は最初からテンプレートを使用するのはおすすめしません。

その④ 少し上のレベルの動画をマネする

さて、ここまできたらもう武器はそろっています。

他の編集者と比べて違うのは経験値くらいです。安心して進みましょう。

案件は単価を徐々に上げられるように応募する一方で、なかなか獲得に苦しむかもしれません。ここで失速するとモチベーションの低下にもつながって悪循環です。

ここで最も大事なポイントがあります。

それは、他の動画をマネすることです。自分と同程度レベルの動画をマネして作っても意味がないので、できそうでちょっと苦戦しそう、くらいの動画を見つけて同じように作ってみましょう。

この過程には②つの意味があり、

・自分のスキルより少し上のレベルを作ることでレベルアップできる

・作った動画をそのままポートフォリオとして公開できる

どちらもめちゃめちゃ大切です

通常みなさん陥りがちなのが、仕事で作った動画がポートフォリオだと思いこんでしまうことです。そんなことはまったくなく、必要なジャンルの仕事が舞い込んでくるのを待っていたらいつになるかわからないですよね。なので先に自分から作ってしまいましょう。一石二鳥です。


この過程を飛ばすと、

案件が取れない→実績がない→成長しない→・・・

の悪循環なので繰り返しになりますがめちゃめちゃ重要です。

その⑤ 実績を公開する

ここまでで長期契約としてバイトができるまでのスキルは手に入ります。

長期契約の動画編集バイトを獲得する流れは2通りあり、

①企業から誘われる

②自分で求人に応募する

 

上記のいづれかが多いです。

 

✓企業からの誘いを待つ場合

①はクラウドソーシングサイトに登録していれば前触れなく突然誘いが来ます。企業側もスキルを見て良い人材がいないか探しています。

良い人材かどうかはいままでこなしてきた案件の量によって測られます

例えば、ランサーズというクラウドソーシングサービスでは一定の案件をこなしたランサー(クリエイターのこと)を「認定ランサー」というレベルに位置づけます。

第三者から見て、「あ、この人は今までも仕事をこなしているし、信頼できそうだ。」とわかりやすいですよね。

なので目標としては、まずそのクラウドソーシングでトップのレベルになること、です。これはクラウドソーシングにもよりますが短期間に一定の案件を取得する必要があります。(だらだらと長期的にやっていてもレベルが上がらない仕組み)

 

✓自分で求人に応募する場合

数は少ないですが大手の求人サイトにも載っています。

↓が実際に掲載されていた求人の例です。

前者のクラウドソーシングと違い、こうした求人に応募する場合は企業から見てこちらのスキルを測ることができません。(実績を公開しても、本当に自分で作ったのかがわからない)なのでいきなり在宅ワークができる求人は少ないと言っていいでしょう。

ある程度出社しながらコミュニケーション能力なども認められた上でやっと相談、という感じですね。

とはいえ、いままでの実績があれば確実に試用期間も短くなるはずなのでやはり①〜④の過程は大事です。

≫indeed 東京都の動画編集求人

 

 

 

動画編集のバイトはまず単発から|1ヶ月で可能です

繰り返しになりますが「在宅ワーク」で「ある程度安定した収益」が得られる動画編集のバイトはまず単発の案件をこなし、長期契約求人に目を向けましょう。

実際に求人として出ている場合とクラウドソーシングで相手から声がかかる場合とではその先の待遇や進め方も異なります。

クラウドソーシングの場合は完全成果報酬、1本あたりの単価で計算することがほとんどですが、一方で求人の場合は時給制など。

「どちらが効率的?」といった疑問もあるかもしれませんがこれは好みです。ある程度安定して働けるけどどれだけやっても給料が変わらない時給制のバイトか、やったらやっただけ成果になる成果報酬型か。

ただし、単発の案件をクラウドソーシングでこなさなかった場合は後者しか選べないので選択肢が限られてしまいます。

まずは短期で数をこなすことを考えたほうが良いでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

動画編集でバイトを獲得するまでの流れを解説しました。

僕自身もこの方法で長期契約を多くとれるようになったので、まずはこつこつ始めてみるといいですよ。


では。

CATEGORY-副業,映像

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。