Top

【厳選3冊】Premiere Proをマスターするために読むべき本|学ぶならこの中から選ぼう

動画編集ソフトの中で最も人気な「Adobe Premiere Pro」。現場レベルで使用することができ、YouTubeやクリエイターの中でも愛用している人が多いソフトです。

記事のテーマ Premiere Proを始める方向けに参考書籍を3冊紹介

ぶっちゃけこの3冊の中から1冊選んで理解すればOKです。

編集以外にディレクターもこなしていく人はこちらもどうそ。

≫動画編集を始める人が読むべきおすすめの本|目的別に解説

 

参考書籍はあくまで「参考」なので最後は実践がスキルを磨くことになりますが、書籍が身近にあるだけで初速はかなり上がります。僕自身が使ってみた感想もあるので自分にあてはめて選んでください。

▼記事の内容

  • 1.Premiere Proをマスターするために読むべき本
  • 2.【厳選3冊】Premiere Proを学ぶならこの中から選ぼう
  • 3.【まとめ】Premiere Proは基本に忠実に

 

この記事を書いている僕は動画編集歴5年。フリーランスとして映像制作をしています。

どの書籍が初心者に優しい?

どこまでの範囲をカバーできる?

といった疑問に答えます。

 

Premiere Proをマスターするために読むべき本

Premiere Proをマスターするために読むべき本

結論紹介する本は以下の3冊です。

  • 知識ゼロからはじめるPremiereProの教科書 CC対応
  • プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応
  • Premiere Pro よくばり入門 CC対応 (できるよくばり入門)

 

次の項で詳しく解説しますが、↑の書籍をおすすめする理由としては

■サンプル動画付き

■イラストや図解豊富

■過不足のない説明

■分厚くならないページ数

設定として「これからPremiere Proを始める方」を対象にしており、初心者に最適な本を選んでいます。

初心者がおちいりがちな本の選び方は「逆引きできる厚い本」を選んでしまうことですね。これだと結局長続きせず本棚行きです。

薄い本でいいので2,3周くらい繰り返し演習しましょう。たぶん上記の本であれば1冊あたり1ヶ月あれば3周くらいできます。Premiereはレベルが高くいろいろな機能があるので習得まで時間がかかる、と言われていますが僕はそうは思わないです。

ある一定のレベルまで達するとあとは「ググる」力が試されるので100%習得している人はいないです。基礎が大事。

【厳選3冊】Premiere Proを学ぶならこの中から選ぼう

では1冊ずつ見ていきます。

 

動画編集自体が初めての方が読む本

最初にそもそも動画編集自体が初めてで周辺知識がまったくない方向けに紹介します。


「映像がどのように構成されているのか」といった割と基本から入り、もちろんPremiere Proの基本操作を一式理解できる良書です。

映像をどのように美しく制作するか、というのは基礎であり応用でもあるので入門として選ぶのであればこの一冊で良いと思います。

中級者までレベルアップしたい方が読む本

初心者から一歩抜け出した中級者のレベルを目指す方にはこちら。

プロが教える!Premiere Proデジタル映像編集講座
created by Rinker

なんといってもイラスト、図解が豊富で理解しやすいのがポイント。VR映像の編集など応用に近い編集まで学べます。

「プロが教える」シリーズは書籍の中では有名ですね。

素材やサンプルが豊富な本

映像サンプルがもっとも豊富で動画で理解したい、という方はよくばり入門がいいですよ。


映像サンプル以外にも解説動画や素材としてつかえるファイルもダウンロードできるので学んだ後にも使えます。

【まとめ】Premiere Proは基本に忠実に

繰り返しになりますがPremiere Proはプロレベルの動画を作ることができますが、それ以上に基本が重要なソフトです。

どれだけ応用を身につけても、結局毎日使っているのは基本スキル。この基本をどれだけ早いスピードで習得できるかがモチベーションや上達速度に関わってくるので↑の書籍を使って最短でマスターしてしまいましょう。

他ソフトの書籍も紹介しているのでそちらもどうぞ。

https://start-meet.club/columns/2020/04/3249/

では。

CATEGORY-映像,Premiere Pro

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。