Top

【体験談あり】僕がUdemyで動画編集をマスターした全工程|目的に合った講座の選び方

記事のテーマ

オンライン講座「Udmey」を使って動画編集スキルをマスターするステップを解説

僕自身が1ヶ月講座を受講して編集ソフトをマスターした体験談とともにお伝えします。

この記事を書いている僕は動画編集歴5年。フリーランスとして映像制作をしています。

どの講座を選べばいい?

どれくらいでマスターできる?

といった疑問に答えます。

▼記事の内容

  • 1.Udemyで動画編集をマスターした全工程
  • 2.編集ソフト別のUdemy講座|目的に合った講座の選び方
  • 3.【まとめ】Udemyの動画編集講座はコスパ最強

Udemyはさまざまな講座が受けられる分、迷うこともあると思うのでぜひ参考にしてください。

 

Udemyで動画編集をマスターした全工程

まず参考として僕が最初に受講した講座はアニメーションに特化したAfterEffectsというソフトの講座です。

https://www.udemy.com/share/101ZiO2@Pm1gfV1eSlIHdk5EO0tnfg==/

ただし、それぞれ今学びたい編集ソフトは違うと思うので次の章で編集ソフトごとのおすすめソフトを紹介します。


結論としてこのOMOKAGE TVさんの講座はめちゃめちゃよかったですね。

ハイペースに進むことがないので慌てずに学べました。
途中でボケてくれるのでクスッと笑えます。

さて、結果的に良質な講座を選ぶことができたわけですが、もし僕が他のソフトで講座を選ぶときもしっかりした内容のものを選ぶことができます。

ポイントを以下にまとめました。

  • 評価を見る
  • レクチャーの数を見る
  • 対象レベルを見る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

評価を見る

絶対的に正しいわけではないですが「評価が高い」というのはひとつの目安になります。「ベストセラー」や「最高評価」といわれる講座は実際に受講生がその価値を評価しているわけですから初心者の方であれば間違いなく最重要な指標でしょう。

ただし、将来的に応用スキルを受講したい場合はニッチな内容になると思うのでそもそも受講者数が少ない点も考慮するといいですね。

レクチャーの数を見る

講座の構成としていくつかの数十個のレクチャーが細切れに分かれています。各レクチャーを順番にこなしていく感じです。ひとつの考え方として「レクチャー数が少ない」=「学習する範囲が狭い」と言えます。

初心者の方はより多くの範囲を線的にとらえた方が理解がしやすい場合があるのであまりにレクチャー数が少ない講座は避けましょう。

対象レベルを見る

対象レベルは大きく分けて「初級」と「すべて」に分けられます。

どちらを選んでも大丈夫ですが「すべて」の講座を選んだ場合は比較的応用内容にも入っていくので本当に基礎だけ学べればいい人は「初級」を選びましょう。

編集ソフト別のUdemy講座|目的に合った講座の選び方

ここからは編集ソフトごとの講座と、僕ならこのような順番で受講するという流れを紹介します。

書籍やYouTubeなどと掛け合わせた学習法を過去の記事で解説しているのでそちらも合わせてご覧ください。

≫未経験から動画編集ができるようになる独学勉強法|1ヶ月後には副業可能です

Premiere Pro

動画っ校さんの↑の講座は基本操作法をメインで教えてくれて優良ですね。

【ファイルの整理方法】みたいな効率的な編集につながる項目って割と説明してくれない講座もあったりするんですが、動画っ校さんはそこもきちんとすくってくれるのでめちゃめちゃ良いです。

初心者向け講座の次は実践テクニックメインの講座です。あくしょんプラネットさんは他のソフトでも有名な講師でギャグセンスがずば抜けて高いので笑いながら進められます。

ひとつの参考動画をイチから作ってみることを目標にしているので完成したときは自信がつくでしょう。初心者向けの講座とかぶっている部分もあると思いますがどちらも受けておくことをおすすめします。

AfterEffects

冒頭でも紹介したOMOKAGE TVさんの初級講座です。AfterEffectsはアニメーションに特化しておりエフェクトなども多様なので初級を終えたらとにかく実践を積む方がいいですね。

超入門とありますが内容は全く異なります。モーショングラフィックと言われるシェイプアニメーションの領域になります。AfterEffectsを使った動画で最もよく利用される分野なのでマスターしておくといいかもです。

iMovie

iMovieはもともと初心者でも扱いやすいように設計されてはいますが、最初はとっつきづらいですよね。上記の動画人さんの講座はより基礎を重視しているので動画編集自体したことがない人の入門として最適です。

あくしょんプラネットさんの講座は簡単な編集しかできないiMovieでもより効率よくプロレベルに近づけた動画の作り方について面白おかしく説明してくれています。「ソフトは無料で十分!」という方が納得して進められ、iMovieでここまでできるのか、と驚きます

【まとめ】Udemyの動画編集講座はコスパ最強

ここまででUdemyの動画編集講座の選び方を解説してきました。

だいたいどの編集ソフトも初級と応用の講座どちらも取ったとして【講座総時間】+【実施操作時間】で24時間以内におさまるので、1日1時間のみの受講でも1ヶ月でマスターできますよね

正直これって最速でマスターしていると思います。

もちろん全ての範囲を完全にマスターできるわけではないですがYouTubeなどと合わせて学べばOKです。


Udemyの講座ちょっと高くない・・・?」という方は定期的にセールをやっているので期間中に購入するのがベストです。

僕もセール中しか購入したことないです。


ぜひ試してみてください。

では。

CATEGORY-講座,映像

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。