【簡単】Premiere Proでテキストが光る2つの見せ方

びでお

今回はPremiere Proを使ってテキストがキラーンと光る見せ方を解説します。

メジャーなものから少し工夫をした2つの方法をご紹介するので参考にしてください。

 

では早速見ていきましょう。

【簡単】Premiere Proでテキストが光る2つの見せ方

今回作るのは以下の2パターンです。

【簡単】Premiere Proでテキストが光る2つの見せ方

【簡単】Premiere Proでテキストが光る2つの見せ方

わかりづらいかもしれませんが下の方が少し立体的に光らせています。

 

【Premiere Pro】テキストを光らせる方法

タイトルの作成

まずはなんでもいいのでレガシータイトルを作成します。

【Premiere Pro】テキストを光らせる方法

 

作成したらタイトルを複製してV3に設置しましょう。

 

 

光沢の作成

新規タイトルで四角形を作り画面いっぱいに広げます。

 

プロパティ>光沢に✓を入れます。

四角形のカラーは黒にします。

 

光沢のサイズと角度をそれぞれ調整し、左上のロールクロールオプションを選択してください。

 

今回は「右にクロール」を選びます。開始スクリーンと終了スクリーンの両方に✓を入れます。

ここまでできたらV2に設置します。

 

エフェクト

すると、全体に光沢がかかっている状態になりますね。

これを上の文字だけにかかるようにするので、エフェクト>トラックマットキーをV2のタイトルに反映します。

コンポジット用マットを「アルファマット」、マットを「Video3」にしてください。

 

最後に、下の文字も映るようにしたいので、V2タイトルの不透明度を「スクリーン」にすれば完成です。

Talk VideoのYouTubeをチェックする