Top

【体験談】Premiere Proで自動文字起こしを使ってみた感想|新機能で効率化

昨日発表されたPremiere Proの新機能、「音声のテキスト化」を実際に使ってみた感想です。

これが欲しかった!と納得のアップデート内容と気になる精度を紹介していきます。

 

▼記事の内容

  • 【体験談】Premiere Proで自動文字起こしを使ってみた感想
  • 自動文字起こし機能の使い方
  • 【まとめ】満足した点・今後に期待する点

では早速見ていきましょう。

 

【体験談】Premiere Proで自動文字起こしを使ってみた感想

【体験談】Premiere Proで自動文字起こしを使ってみた感想

YouTube編集などで必要な「文字起こし」作業。みなさんはいつもどうしていますか?

てっぱんで使っているのがVrewという文字起こしツールだと思いますが、今回のPremiere Proの新機能が出たことで正直もう使うことがないです・・・。

それくらいいままでの作業が簡便になり、Premiereだけで完結してくれたのがかなり嬉しいポイントですよね。

いままでは

一度mp4で書き出し→Vrewにアップロード→文字起こし修正→Premiere用ファイルに変換→Premiereにアップロード

とVrewと行き来をする必要があった分単純に効率化できました。

気になるところはその精度ですが、結論Vrewと同等です。正確に測っているわけではないですが、修正部分が少なく、そのまま出せるクリップも多い印象です。

自動文字起こし機能の使い方

文字起こし機能はいたって簡単です。

キャプションパネル

新しく追加された「キャプションパネル」を開きます。

「シーケンスから文字起こし」を選択すると、設定項目が表示されるので言語を日本語にします。

Image from Gyazo

 

 

タイトルの作成

音声から解析した文字が表紙されるので「キャプションの作成」を選択します。

 

設定項目が出てきますがこのまま作成を選択すれば完了です。

【まとめ】満足した点・今後に期待する点

 

実際に文字起こししたものが↓になります。

Image from Gyazo

もちろん今まで通りテキストのグラフィックを変更することも可能です。

 

満足したポイント|作業効率がアップ!

前述したように作業効率としてはかなりアップしたんじゃないかなと思います。

Vrewとの連携がこれでなくなったのでかなり時間が短縮したのと、Premiere内で完結する分、適切な位置にテロップを置いてくれるのが地味に嬉しいです。今までは少しづつ調整しないといけなかったので。

さらにキャプションからまとめて修正がかけられるのでいちいちテキストクリップを選択する必要がなくなりました。

 

今後に期待|精度が高まるとなおよし!

正直Vrewの精度は超えてきてほしかったなと思います。比べてみると「あれ?」みたいなところもちょこちょこありました。

あとはひとつの文章に対しての文字数が多いのをなんとかできれば収まらないところをカットする必要がなくなる!

 

今後のアップデートに期待ですね!

 

 

 

CATEGORY-映像,Premiere Pro

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。