Top

【Premiere Pro】マスクを徹底的に使いこなす|基本をおさえよう

Premiere Proでマスクを使いこなして基本的な表現を身につけましょう。

マスクは映像内で見せたくないもの、不要なものを画面から消す役割もありますが、他にもワンポイントアクセントになるようなさまざまな使い方があります。

基本を理解していれば無限に表現の幅が増えますね。

▼記事の内容

  • 1.【Premiere Pro】マスクを徹底的に使いこなす|基本をおさえよう
  • 2.マスクの操作方法
  • 3.Premiere Proでマスクを使った表現

 

では早速見ていきましょう。

 

【Premiere Pro】マスクを徹底的に使いこなす|基本をおさえよう

以下の手順でPremiereのマスクをマスターしましょう。

  • ①【Premiere Pro】マスクの作り方
  • ②【Premiere Pro】マスクの設定方法
  • ③【Premiere Pro】マスクアニメーション

 

①【Premiere Pro】マスクの作り方

まず、用意したのでパソコンの素材を用いてマスクをかけてみます。

 

Ⅰ 素材のクリップを選択してエフェクトコントロールを開きます。


Ⅱ 不透明度の項目直下にある丸や四角の図形(マスク)で好きなものを選択します。


Ⅲ プレビューパネルでクリックしながらスライドさせるとマスクが描かれます。

 

【Premiere Pro】マスクを徹底的に使いこなす|基本をおさえよう

これが基本的なマスクの作り方になりますが、以下で深堀りしていきます。

②【Premiere Pro】マスクの設定方法

マスクを作っただけでは動画に穴を開けただけになるのでいくつか調整していき思い通りの表現に仕上げます。

・境界のぼかし:マスクの境界線をぼかす
・不透明度:マスクの透明度を調節
・拡張:マスクのサイズを比例拡大

また、反転というチェックボックスを入れることで図形枠内・枠外のマスクを切り替えることができます。

③【Premiere Pro】マスクアニメーション

マスクは固定して使うこともできますがアニメーションとして活用することができます。

簡単なアニメーションを作ってみました。

 

Image from Gyazo

マスクパスを動かし、最初と最後の位置を指定することでアニメーションを作ります。

マスクパスの項目でタイムラインを動かし、その時点でのマスクを作ります。時計マークを押して固定できるので再生してみましょう。

Premiere Proでマスクを使った表現

マスクアニメーションを使えばいろいろな表現をすることができます。

Image from Gyazo


マスクの形を変えたりトランジションを変えることで見せ方の幅が広がるのでチャレンジしてみてください。

 

 

CATEGORY-映像,Premiere Pro

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。