【簡単】手ブレ補正を加えるエフェクト|Premiere Pro編

びでお

手ブレ補正のないスマートフォンやカメラで撮影すると後から修正できない?

という疑問がわきますよね。

ですが、撮影後からでも手ブレ補正を加えるエフェクトがPremiere Proに存在します。

▼記事の内容

  • 1.手ブレ補正を加えるエフェクト|Premiere Pro編
  • 2.ワープスタビライザーの使い方
  • 3.過度な手ブレは難しい場合も・・・

 

 

手ブレ補正を加えるエフェクト|Premiere Pro編

手ブレ補正を加えるエフェクト|Premiere Pro編

手ブレしている素材を後から補正するエフェクトは結論「ワープスタビライザー」です。

動画素材を自動認識して解析し、画角が揺れないように調整してくれます。

以下で基本的な使い方を見ていきましょう。

 

ワープスタビライザーの使い方

ワープスタビライザーの使い方は簡単です。

まずエフェクトからワープスタビライザーを検索して手ブレ補正を加えたいクリップに反映します。


エフェクトコントロールからスタビライズの結果という項目で「モーションなし」を選択すれば完了です。


反映したクリップはスローモーションなどの時間制御ができなくなるので注意してください。

Image from Gyazo

ワープスタビライザー反映前

 

Image from Gyazo

ワープスタビライザー反映前

 

過度な手ブレは難しい場合も・・・

一見神がかった機能ですが、あまりにも手ブレが激しい素材はいくらワープスタビライザーを使っても修正できないのである程度の手ブレは撮影時に解消しておきましょう。

Talk VideoのYouTubeをチェックする