Top

「価値観」で変わる光の発酵と闇の腐敗

ここ最近外食をしていないな、と気づきました。

理由は2つあって、以前より自炊するのが楽しくなってきたこと。YouTubeなどでいつでもレシピをわかりやすく理解できるようになったのはインターネットのたまものです。

もう一つの理由は無駄な食材を買わなくなったこと。一人暮らしを始めた当初は仕事も忙しく、買っておいても腐らせてしまうことが多々ありました。その点今は「何を作るか」を決めてから必要な分だけ購入するようにしていました。

チーズや牛乳が使い物にならない姿をしていたときは心を締め付けられたものです。


そんな昔のことを思い出すと、発酵食品も腐ることを実感したのはそれが初めてでした。頭ではわかっていましたが、「本当に腐った・・・」と。

 

「価値観」で変わる光の発酵と闇の腐敗

「価値観」で変わる光の発酵と闇の腐敗

結論からお話すると「発酵」も「腐敗」も定義としてはほとんど似ているんです。どちらも「微生物が何かを分解して、何かを作り出す活動」です。

発酵と腐敗の違い

発酵することで旨味が増しおいしさを感じますが、腐敗は反対に臭いがきつくなり、まずくなってしまいますよね。

つまり、過程は一見同じでもその結果が人間にとって益があれば「発酵」、害があれば「腐敗」という価値観に基づいた違いになります。

食品や菌の関係

食品や菌の関係

糖類が分解されて乳酸やアルコールが生成されるのが発酵、タンパク質やアミノ酸が分解されるのが腐敗、というわけではありません。タンパク質が豊富な食品で腐敗が起こりやすいのはたしかですが、野菜や果実でも起きます。


また、菌によって定義できるかというとそれも違います。同じ乳酸菌でもヨーグルトであれば発酵ですが、清酒の中で増えれば腐敗になります。


僕の好きな漫画「もやしもん」でも、乳酸菌のことを「ヒオチがいるぞ」と言った酒蔵の息子である主人公は腐敗のもとである火落ち菌(乳酸菌)を実家に持ち帰ることは許されないのです。

 

CATEGORY-発酵

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。