Top

ここまである発酵食品の種類

食事の楽しみ方。

みなさんはテーブルに座って食事をする瞬間どういったことを考えていますか?「カロリー高そうだなー。」とか「作ってくれた奥さんに感謝。」など千差万別かと思います。

僕は発酵食品に興味を持ってからは「お疲れ様、菌。」とよく思うようになりました。それぐらい食卓に発酵食品が並ばない日はないくらい。別に僕が発酵食品が好きだからというわけではなく、一般的なご家庭でも発酵食品を使わないって逆に難しいんですよね。


例えば調味料の醤油や味噌だって発酵食品になります。晩酌に添えるビールや日本酒も発酵食品なわけで、ある意味逃れることができない、完全に僕たちの生活に根付いています。


今回は身の回りにある発酵食品にどんなものがあるのかまとめてみます!

 

ここまである発酵食品の種類

ここでは分類分けしてそれぞれどういった発酵食品があるか見ていきます。


・調味料
・酒
・肉
・野菜
・スイーツ

調味料

本みりん

米麹ともち米によって醸成される。日本酒の工程に近いですが酵母を足してアルコール発酵はさせない。

酒に純米酢、酢酸菌を加えて酢酸発酵させたもの。原料の酒に含まれるアルコールが酢酸にかわることですっぱくなる。

味噌

大豆に麹菌を繁殖させてタンパク質とでんぷんを分解。その後酵母菌・乳酸菌を加えて酸味や香りを作り出す2段階の工程。

日本酒

米麹ともち米によって発酵させたあと酵母でアルコール発酵させる。

くさや

アジやトビウオなどの魚をひらいてくさや液に漬け、天日干しした干物です。匂いが強いことからその名がつくほど。

生ハム

精肉を塩漬けして、塩抜きした後に低温熟成させ、乾燥することで作られる。

野菜

キムチ

唐辛子の辛味と乳酸発酵による酸味が特徴。韓国では国民食.

ぬか漬け

床に野菜を漬け込んでできるものだが貢献している菌が多用すぎて未だに謎の部分が多い。

ピクルス

乳酸菌由来の発酵で酸味を得る「発酵ピクルス」と酢の抗菌性によって微生物の活動を抑える漬け液で調味する通常のピクルスに分けられる。

スイーツ

ヨーグルト

乳を主に乳酸菌で発酵させた発酵乳、世界中に焼く400種類以上あるといわれている。

 

CATEGORY-発酵

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。