Top

朝から涼しい一杯。HARIO フィルターインコーヒーボトル

暑い夏は必殺技。

本日もTalkVIdeoをお読みいただきありがとうございます。
KENTA(@sunakenkenken)です。

夏場の暑い季節は体が水分を欲しがるので、何を飲もうかその日の気分で変えるようにしています。中でもコーヒーは一見同じ豆を使っているように見えても抽出方法で全く味を変えるため飽きることがありません。今は基礎を作っている感覚です。なにかと疎かった僕ですが、着々とアイテムが増えていき、今が一番楽しい時期ですね。

今日のような35℃を超える猛暑日にとっておきの飲み方はやはりこれでした。

HARIO フィルターインコーヒーボトル

夏といえば水出しコーヒーが定番の季節。前日に仕込んでおいてすぐに飲める利便性はもちろん、水出しならではの口当たりのまろやかさがここ最近ハマっています。

ドリッパーやケトルも揃えている最中でホットコーヒーを抽出するのも待ち遠しいですが、今はこの世界から抜け出すことができません。

そこで愛用しているのがHARIOのコーヒーボトル。水から時間をかけてじっくりと低温抽出する水出しコーヒーを手軽に作れるフィルター付きのアイテムです。

宣材写真等でも使われているのをよく目にするほど見た目もシンプルでおしゃれなデザイン。買うならグラスとも合うような、ある種インテリアとしても使えるボトルを探していたので気に入っています。

前夜の仕込み

水出しは8時間以上かかるので飲みたい前日の夜に仕込んでおくのがベター。朝のひと手間がなくなるだけでちょっと得した気分です。

キャップを開けてストレーナーとフィルターを分けます。

だいたい50gくらいのコーヒー粉を挽いて、ストレーナーに入れます。

注ぎ口を開けて750mlの水を注ぎます。

なじませるために数回ボトルを横に振って冷蔵庫で寝かせるだけ。

朝から涼しい一杯を。

お湯で抽出する方法とは違って、じっくり低温抽出した水出しは酸化を防ぎ、苦味や渋味のもとになる「タンニン」や「カフェイン」が溶け出しにくいのでまろやかな味わいになります。

苦味が強い方が好みでしたがこのさっぱりしたコク深い味はクセになってしまうほど。薄すぎず爽やかに1日をスタートできます。

シリコン製のキャップは触れると手に馴染んで気持ちがいいのも毎日使いたくなるモチベーションになっています。ゴツゴツした従来のボトルとは違ってこのワンポイントが結構お気に入り。

購入したのはブラックですが、他にもアースカラーがラインナップされていてアウトドアにもよく合うのかもしれません。森林に囲まれてこのボトルが準備されてたらめちゃめちゃ喜ぶだろうな。

8月も終わりますが、まだ遅くない。朝から涼しい一杯を飲んでみませんか?

created by Rinker
Nikitea
¥2,650 (2021/09/16 08:07:54時点 Amazon調べ-詳細)

CATEGORY-コーヒー

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。