Top

いつまでも”触れていたい”感覚。「PHLOX」の本皮ポーチ

この手触りが好き。

本日も”TalkVideo“をお読みいただきありがとうございます。KENTA(@sunakenkenken)です。

“〇〇の秋”というように、夏から気分を変えて熱中する物事を決める季節がやってきました。今年の夏は元気な観葉植物たちを迎え入れることができて狭いながらもにぎやかな部屋にしていったので、秋は少し外に目を向けて”写真の秋”にできるようにアクティブに動いていきたいと思います。

という訳で、ちょっとした外出時でも持ち歩き必須の小物をまとめるポーチを買いました。バックのポケットにまとめて入れていたので整理できていませんでしたが、これで気持ちよく足を踏み出せそうです。

「PHLOX」の本皮ポーチ

今までも小物が無秩序に入っているバックを見てはポーチを検索していたのですが、ワンポイントのデザインが邪魔だったり、派手すぎたり、はたまたサイズが大きすぎるのか、どうしても自分の容量や好みに合わないので半ば諦めていました。今年はいつもと違ったようで、見た瞬間にハッとしたポーチが現れました。

恥ずかしながら人生でポーチを買ったことがなかったので自分に「似合っているか」というのはわからなかったのですが、まずは挑戦してみようとおもい購入にいたりました。

買ったのは「PHLOX(フロックス)」というブランドのレザーポーチ。

職人が選定、裁縫など、丁寧に製作した本皮をラミネート加工して仕上げており、程よく肉厚感があって丈夫なポーチです。

素材によっては少し幼く見えてしまうポーチですが、本皮で黒色は高級感があり大人っぽく見られるのでどこでも持ち歩けるのが嬉しい。

実際に持ってみるとこんな感じ。何もなくても思わずさわってしまう表面の心地よさがたまりません。
小物を入れているので人前でそれほど広げる機会はありませんが、カバンからこれが出てきた時を想像するとちょっと自慢気になりますね。

ポーチの中身をご紹介

それほど大したものは入っていませんが、ちょっと雑談でポーチの中身を紹介したいと思います。

充電コード(コードクリップ)

スマホやイヤホンは必ず持ち歩いているので充電用コードを入れているのですが、これは使っていてよかったなと思うのが革のコードクリップ。ポーチの中でからまってぐちゃぐちゃになるのが嫌で縛っておけるので重宝しています。値段も1つ600円くらいでお安め。

AirPods

定番のイヤホンAirPods Proはいつも持ち歩いています。それこそ裸の状態でカバンに突っ込んでいた小物。白いアイテムと黒のポーチはコントラストが高くて合いますよ。

アロマアトマイザー

ちょっと気分が乗らない日は誰でもあるもの。無理やり前を向こうとしてもしんどいので回りの五感を刺激してくれるアイテムが欠かせません。音楽もそのうちのひとつですが、僕の場合は”香り”も大事にしていて、このアロマオイルで作ったアトマイザーをひと吹きするだけでなんだか高揚してくるんですよね。

4色ボールペン

iPad以外にも手帳に書いて頭の中を整理することがあるのでボールペンはいつでも出せるようにしまってあります。”4色”というところがポイントで、内容の重要度やカテゴリによって色を使い分けています。

いつまでも”触れていたい”感覚。

収納するために持ち運ぶモノだと思っていたポーチですが、素材や見た目でファッションの一部になりました。カバンから出すその一瞬がもっと続けばいいのに、と感じるほどいつまでも触れていたいと感じるのはもう手放せない証拠ですね。

created by Rinker
PHLOX(フロックス)
¥2,980 (2021/09/16 07:58:35時点 Amazon調べ-詳細)

CATEGORY-グッズ

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。