Top

竹で絆ぐ箱。「フィントムスカイ」エッセンシャルオイル収納ボックス

散らばる”香り”の強い味方。

本日も”TalkVideo“をお読みいただきありがとうございます。KENTA(@sunakenkenken)です。

僕はその日の気分を大事にしたいので、着る服や聴く音楽も毎日変わります。天気の良い晴れた日には元気が出るように、雲がかかって暗い日は静かな落ち着きを感じられるように、身の回りの自分でコントロールできることは意識的に整えていきたいんですよね。

というのも、その日の天気や精神的なモヤモヤすることはどうすることもできませんが、五感で感じるアイテムを近くに置いておけば能動的に1日の幸福度を高められると思っています。

「嗅覚」は五感の中でも脳に作用する寄与度が高く、医学的にも注目されるほど。僕も「エッセンシャルオイル」をブレンドして好みの香りで一日をスタートしています。

ただ、エッセンシャルオイルはひとつひとつ瓶になっているので置き場に困っていました。すぐに取り出したいけど、ちょうどいい収納アイテムも見つからない。

アロマオイル専用のボックスはいろいろあるのですが、女性っぽさや大きさの面で苦戦しました。最終的に行き着いたのが、このボックス。

「フィントムスカイ」エッセンシャルオイル収納ボックス

今回僕がたどり着いたのがフィントムスカイというブランドの収納ボックス。見たままエッセンシャルオイルの収納ボックスなのですが、僕が気に入っているところを紹介したいと思います。

収納スペース

まずは開けてみるとこんな感じ。

34cm×15cm×8cmのサイズで中に2種類のスペースがあります。実はこれがこの収納ボックスを選んだ一番の決め手。

僕の場合、5ml規格の小さな瓶もあれば、iHerbで購入するような大きめのものまで持っているので、どちらも入れられるボックスがベストでした。

とはいえ種類が増えてくるのは小さめの規格なので多種類収納できる点もまた良い。

竹製のツヤ感

他の製品と異なるもうひとつの特徴が”竹”でできているということ。パイン材など木でできているイメージだったこうした箱が「竹」でできていると聞いて謎が多かったのを思い出します。

竹でできた箱は触り心地がツヤツヤしていて摩擦を感じません。匂いも吸収しづらいので箱自体は無臭。精巧な作りでデザイン的にも美しい。

遮光性

エッセンシャルオイルの保存条件として重要なのが「光」。高温を避けて遮光をしないと成分が分解されてしまう性質を持っているので注意しないといけません。

この収納ボックスは遮光性はもちろん、周囲温度が急激に変化しても中のエッセンシャルオイルに影響がないよう保護してくれるので夏場の暑い時期でも安心して置いておけます。

竹で絆ぐ箱

香りはその日の気持ちを整える一つの要素、という話をしましたが、エッセンシャルオイルというものは多くの種類が存在します。今後も自分に合った香りに出会ったときはこの収納ボックスに迎え入れることになるでしょう。

ラグジュアリーを入れておく宝箱のように、香りを集めていきたいと思います。

created by Rinker
フィントムスカイ
¥2,999 (2021/09/16 07:53:54時点 Amazon調べ-詳細)

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。