Top

Notionでアイデアを瞬間メモ!Fast Notion

企業や個人で利用する人が多いメモ、タスク管理アプリの「Notion」。僕もプライベートから仕事まで個人的にとてもお世話になっているアプリです。Googleのスプレッドシートのようにデータ管理もできたり、共同でシェアしたい情報は手軽にネット上で公開できたりと、以前に使っていたEvernote以上に使いやすかったので使ったことがない方にはおすすめしたい…!

さて、そんなNotionですが一つ難点が…。

Notionを開いている状態でタスクを整理したいときにはページごとにカテゴリを分けて整理できるんですが、ふとアイデアが湧いてきて「メモしたいな…」というときありますよね。

Evernoteの場合FastEverという即座にメモできるアプリがあったので、スマホからFastEverにメモしておけばそのままEvernoteに反映することができました。

Notionを使い始めてある程度経つので、思いついたアイデアなどを収納しておく場所も統一したいなと思い探したところ理想のアプリがあったのでご紹介します。

FastNotion

まずは僕のiPhoneのトップ画面、少しカスタマイズしてしまっているので実際のアイコンとは異なりますが、丸で囲っているのがFastNotionというアプリです。メモを取りたいときにすぐにiPhoneを起動して入力できるようにできるだけ利き手の親指に近い位置に配置しています。

アプリを起動すると↑こんな感じ。見た目はシンプルで入力欄くらいですね。

ここで入力し送信したテキストがNotionに反映されます。

FastNotionの始め方

FastNotionはダウンロードすればすぐに使えるわけではなく、自身のNotionと同期する必要があります。

①NotionにFastNotion専用のページを作成する

メモ入力時にどのページに反映するか設定できますが、僕の場合ひとつのページをFastNotion用に設定し、全てのメモを集約するようにしています。

ボードにある「Fast Notion」のように、自分の好きな名前で作成しておきます。

②FastNotionとNotionを同期する

「投稿先」→「ページを追加する」から作成したNotionのページIDとトークンを設定する必要がありますが、今はページ設定下部の「かんたん設定」からほぼ自動で同期してくれるようになっています。

Notionで認証する、を選択。

専用で作ったページを選択。

連携用のIDとトークンが出るのでコピーして先ほどのFastNotionのページ設定にペーストしてあげれば完了です。

最後にしっかり連携できているかテキストを送って確認します。

気になった方はぜひ試してみてください!

CATEGORY-ライフログ

SUNAGA KENTA

1991年生まれ。都内在住のフリーランス。熱狂したことについて発信中。